シッチェス映画祭からの逆輸入上映が決定した『忍者狩り』、モントリオール世界映画祭出品決定!!

写真左から藤井優利、杉田舞、デカキン、三元雅芸、千葉誠治監督

(左から)藤井優利、杉田舞、デカキン、三元雅芸、千葉誠治監督

今年で4回目の開催を迎える、特集上映企画「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション」にて本場シッチェス映画祭からの逆輸入、映画『忍者狩り』が上映されることが先日発表されたが、今回、本作が第39回モントリオール世界映画祭の「Focus on World Cinema」部門に出品されることが決定した。

また、公募していたシッチェス映画祭応援ガールの候補も2名に絞られ、先日のニコニコ生放送【TSUTAYAch.シネマ上映会】放送内でお披露目となった。

出品に際して、監督・脚本・製作を務めた千葉誠治氏は、「元々日本固有の存在・文化であった忍者は既に世界的なコンテンツになって久しいですが、この『忍者狩り』はいままでのアクション忍者映画とは異なり、スリラー・サスペンス色を強め新手のタイムループ映画としてニュータイプの文化としての時代劇のあり方を模索してみました。つまり、アクションやファンタスティック系の映画ファンのみならず新しいエンタテインメントを欲する多くの人々に見て頂きたい作品です。そう言う意味で、様々な文化的映画が出品されるモントリオール国際映画祭で上映して頂けることは、世界に向けて新しい忍者のあり方を提示するには素晴らしい機会だと思っており、とても感激しております」と喜びをコメントしている。

また、このシッチェス映画祭の応援ガールズ候補がいよいよ2人まで絞られ、それぞれのコメントが寄せられた。

(左から)藤井優利、杉田舞

(左から)藤井優利、杉田舞

藤井優利
「ホラー映画については詳しくはありませんが、この機会に多くの魅力的な作品に私自身が触れていきたいです。応援ガールとして活動させていただけるなら、一ファンとして、その高揚をたくさんの方と共有していきたいと考えています」

杉田舞
「私がシッチェス映画祭の応援ガールになった暁には、この映画祭の素晴らしさを世の中に発信し、もっともっと沢山の人がシッチェス映画祭に興味を持って、劇場に足を運んでくれるように全力を尽くして宣伝したいと思います!! 少しでも興味を持ってもらう、楽しんでもらうきっかけになれるように、私自身が子どもから大人まで親しみを持てるキャラクターになれるよう努力するので、是非とも私を選んでほしいです。明るく元気で可愛いだけじゃつまらない、真剣かつ面白く楽しんで! がモットーの杉田舞です。持ち前のサービス精神を活かして見ている人を楽しませたいです!!よろしくお願いします」

こちらの応援ガールにも注目しながら映画祭を楽しめそうだ。


映画『忍者狩り』(英題:NINJA HUNTER)

40体の死体、4人の忍者、4つの記憶、真実は1つ!
「AVN/エイリアンVSニンジャ」の千葉誠治監督が挑む、記憶再構築ニンジャ・アクション!

<ストーリー>
天正九年。伊賀の国。目を覚ました伊賀の下忍・突悪(たお)は、薄暗い洞窟の中に倒れていた。目の前には、見ず知らず男の姿。男は、突悪と同じ伊賀の下忍で、名を邪気(じゃき)というらしい。邪気に促され、洞窟の奥に目をやる突悪。そこには無数の忍者の惨殺死体が転がっていた。この洞窟で何が起きたのか、一体誰がこの忍者たちを殺したのか、何も憶えていない突悪。徐々に回復していく突悪の記憶。その先にある真実とは!?

監督・脚本:千葉誠治『AVN/エイリアンVSニンジャ』
出演:三元雅芸(『極道大戦争』『AVN/エイリアンVSニンジャ』)、黒川芽以(『横道世之介』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』)、虎牙光揮(『BUSHIDO MAN/ブシドーマン』『魁!! クロマティ高校THE★MOVIE』)

■制作年度:2015年
■制作国:日本
■言語:日本語
■102分
■ジャンル:アクション PG12


「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」
2015年10月24日(土)~
東京:ヒューマントラストシネマ渋谷
大阪:シネ・リーブル梅田
名古屋:シネマスコーレ
福岡:福岡中洲大洋

11月14日(土)~
金沢シネモンドにて公開!

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

虎牙光揮

生年月日1975年1月16日(43歳)
星座やぎ座
出生地福島県会津若松市

虎牙光揮の関連作品一覧

黒川芽以

生年月日1987年5月13日(31歳)
星座おうし座
出生地東京都西東京市

黒川芽以の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST