映画『ジョン・ウィック』主演 キアヌ・リーブス、わずか2か月ぶりの来日決定!!

『ジョン・ウィック』/Motion Picture Artwork (C) 2015 Summit Entertainment, LLC.  All Rights Reserved. (C)  David Lee

Motion Picture Artwork (C) 2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Lee

すでに、続編も決定

『スピード』『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーブスがロシアン・マフィアに全てを奪われた元殺し屋に扮し、ニューヨークを舞台にたった独りで組織に立ち向かう壮絶な復讐劇を繰り広げるノンストップ・キリング・アクション『ジョン・ウィック』(原題:JOHN WICK)。

全米では昨年10月公開となり、驚異的スマッシュヒットを記録。続編も決定した話題沸騰のキアヌ・リーブスの新たなシリーズ第一弾が満を持しての日本公開となる。

そして今回、本作のPRのため、主演のハリウッド俳優キアヌ・リーブスの来日が決定。9月30日(水)に開催するジャパンプレミアに参加を予定しているという。映画プロモーションとしては『47RONIN』以来、約2年ぶりの来日となるが、今年7月25、26日に、鈴鹿8時間耐久ロードレース開催に合わせて電撃来日したニュースも記憶に新しく、わずか64日ぶりに再び日本の地に降り立つことになる。

鈴鹿8耐で「また日本に来てくれますか?」との問いかけに、「そうだね、もちろんだよ!」と笑顔で応えたキアヌが、早々に有言実行を果たしてくれた形となった。彼が「人生を賭けた映画」とまで言い放った入魂の本作。完全復活を遂げた彼が、どんな姿で日本に降り立ち、何を語るのか注目だ。


映画『ジョン・ウィック』
10月16日(金) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

原題:JOHN WICK
出演:キアヌ・リーブス(『スピード』『マトリックス』シリーズ)、ウィレム・デフォー(『プラトーン』)、イアン・マクシェーン(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)
監督:チャド・スタエルスキ(「マトリックス」スタントコーディネーター/スタント)
製作:デヴィッド・リーチ(「ウルヴァリン:SAMURAI」アクションコーディネーター)
スタントコーディネーター/第二班監督:ダリン・プレスコット(『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』スタントコーディネーター)

マトリックス

マトリックス

出演者 キアヌ・リーブス  ローレンス・フィッシュバーン  キャリー=アン・モス  ヒューゴ・ウィービング  グロリア・フォスター  ジョー・パントリアーノ  マーカス・チョン  ジュリアン・アラハンガ  マット・ドーラン  ベリンダ・マクローリー
監督 アンディー・ウォシャウスキー  ラナ&アンディー・ウォシャウスキー(ウォシャウスキー姉弟)  ラナ・ウォシャウスキー
製作総指揮 バリー・M・オズボーン  アンドリュー・メイソン  アンディー・ウォシャウスキー  ラナ・ウォシャウスキー  アーウィン・ストフ  ブルース・バーマン
脚本 アンディー・ウォシャウスキー  ラナ・ウォシャウスキー
音楽 ドン・デイビス
概要 「バウンド」で監督デビューを果たしたウォシャウスキー・ブラザースによる新感覚のSFXで彩られた重厚かつスタイリッシュなアクション巨編。ニューヨークの会社でしがないコンピュータプログラマーとして働くトマス・アンダーソンには、裏世界の凄腕ハッカー“ネオ”というもうひとつの顔があった。ある日、“ネオ”はディスプレイに現れた不思議なメッセージに導かれるまま、謎の美女トリニティと出会う。そして彼女の手引きによってある人物と接見することになった……。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST