広末涼子主演『はなちゃんのみそ汁』母と娘のかけがえのない日々を切り取ったポスタービジュアル完成

(C)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

(C)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

がんでこの世を去った千恵、33歳。5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログを基にしたエッセイ「はなちゃんのみそ汁」は、2012年に発売されるやいなや、常にひたむきな明るさで生きる安武一家の姿が日本中で大きな話題を呼び、関連書籍やテレビドラマ化、教科書への採用など社会現象を巻き起こた。

そしてその本作がついに映画化。12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡先行公開、2016年1月9日(土)より全国拡大公開となる。

結婚、妊娠、出産と人生の転機をがんと闘い、食を大切に生きてきた千恵を演じるのは、広末涼子。明るくひたむきに支える夫・信吾を滝藤賢一。はな役は、1,000人超の応募者から選ばれた演技経験ゼロの新星・赤松えみなが演じ、千恵の姉役を一青窈が務める。監督には、2013年キネマ旬報ベストテン日本映画第一位に輝いた『ペコロスの母に会いに行く』で脚本を担当した阿久根知昭が、本作でも脚本を務め初のメガホンを握る。

今回、本作のポスタービジュアルが解禁。また、9月12日(土)より特典付前売り券(ムビチケカード)が発売となる。解禁となったビジュアルには、広末演じる千恵と娘のはな(赤松えみな)が手を取り向かい合う姿が印象的に描かれている。残り少ない命を覚悟した千恵が、自分がいなくなってもはなが元気に暮らしていけるようにと、鰹節を削るところから始めるみそ汁づくりなどの料理を通して、“ちゃんと作ってちゃんと食べる”というメッセージを伝えていく、重要なシーンの一つだ。

温かいまなざしで娘を見つめる表情が印象的な広末は母親そのもので、本編通して写し出されるおいしくてあったかい、そしてかけがえのない日々を象徴するビジュアルが完成した。


映画『はなちゃんのみそ汁』
12月19日(土)より、テアトル新宿&福岡先行公開、2016年1月9日(土)より全国拡大公開

出演:広末涼子 滝藤賢一
一青窈 紺野まひる 原田貴和子 春風ひとみ 遼河はるひ 赤松えみな(子役)
平泉 成 木村理恵 北見敏之 高畑淳子 鶴見辰吾 / 赤井英和 / 古谷一行
原作:安武信吾・千恵・はな「はなちゃんのみそ汁」(文藝春秋刊)
監督・脚本:阿久根知昭
制作プロダクション:イメージフィールド
配給・宣伝:東京テアトル
2015年/日本/デジタル/118分/ヴィスタ/カラー/5.1ch

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST