映画『星ガ丘ワンダーランド』、モントリオール世界映画祭正式招待決定

(C)「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

(C)「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

2016年公開予定の映画『星ガ丘ワンダーランド』が、8月27日から9月7日までカナダ・モントリオールにて開催される『第39回モントリオール世界映画祭』ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション長編部門に正式招待されることが決定した。

モントリオール世界際映画祭は、2008年『おくりびと』が最優秀作品賞を受賞、その後10年に『悪人』で深津絵里が最優秀女優賞、11年に『わが母の記』が審査員特別賞グランプリを、そして昨年は『ふしぎな岬の物語』が審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査委員賞の2冠を、『そこのみにて光輝く』が最優秀監督賞を獲得したことなどで知られており、毎年8月下旬から9月初頭にかけてカナダのモントリオールで開かれる国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の北米最大規模の国際映画祭。アカデミー賞の前哨戦としても注目されている。

ファースト・フィルム・ワールド・コンペティションは、初監督作品のみが選出される。過去には2009年に西川美和監督、鶴瓶主演『ディア・ドクター』が選ばれており、本年は『ディアーディアー』と、クラウドファンディングで制作した『ねぼけ』(壱岐紀仁・プロカメラマン)もこの部門で出品。また、数十本のノミネート作品から、金賞、銀賞、銅賞が選出される。

それこそ『家族』と思える現場でした

舞台、テレビドラマ、映画で飛躍的な活躍を見せる若手演技派・中村倫也を軸に、佐々木希、木村佳乃、菅田将暉、杏、市原隼人、新井浩文、松重豊という今まさに旬の主役級キャストを配して、生まれた本作。

3作目の主演作である中村は、「魅力的で精力的なスタッフ、キャスト、事務所の仲間達と共に、この美しい物語を創ることができて、とても嬉しく思っております。それこそ『家族』と思える現場でした」と語る。また、物語のキーとなる中村演じる温人の母の再婚相手の連れ子、七海を演じた佐々木希も「中村さんの目のお芝居が引き込まれるようでとても印象的でした。何度も共演させていただいていますが、いつもお芝居に関してアドバイスをくださるので、ひとつひとつ吸収していきたい」と語る。

2人の母親を演じた木村佳乃は、「中村くんは若い時から共演させて頂く機会があり、とてもいい役者さんだと思っていました。なので、彼が主演する作品でオファーが来た時には二つ返事で引き受けました」と中村を絶賛。その他にも世界から注目を浴びるCM界の若きエース、柳沢が初メガホンをとるという企画に賛同し、脚本に魅入られた主役級の俳優たちが集結した。

幼いころに母に捨てられ、成長した今は落し物預り所で働く温人の元にある日母の訃報が届く―その死の事実は彼のこれまでとこれからの人生を大きく変えることになるのだった。温人が今まで知らなかった事実が明らかになり、物語は感動のクライマックスを迎える。


映画『星ガ丘ワンダーランド』
2016年、全国ロードショー

出演:中村倫也、新井浩文、佐々木希、菅田将暉
杏、市原隼人、木村佳乃、松重豊
監督:柳沢翔
配給:ファントム・フィルム

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

新井浩文

生年月日1979年1月18日(39歳)
星座やぎ座
出生地青森県

新井浩文の関連作品一覧

菅田将暉

生年月日1993年2月21日(25歳)
星座うお座
出生地大阪府大阪市

菅田将暉の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST