「自分が悩んでいることは私だけじゃないんだなって思える映画」(小島慶子)―映画『マイ・インターン』トークイベントレポ

(左から)小島慶子、河北麻友子

(左から)小島慶子、河北麻友子

プラダを着た悪魔』では恋に仕事に奮闘し、ファッション業界でキャリアアップしていく姿を等身大で演じ世界中の女性から憧れの的となったアン・ハサウェイ。彼女が今度はニューヨークのファッションサイトの社長を演じる最新作『マイ・インターン』(10月10日公開)。

都内にて本作のトークイベントが行われ、作品の舞台となるニューヨークと同じ出身地の河北麻友子と、本作の主人公ジュールズと同じく専業主夫の旦那を持ち働く女性代表の小島慶子が登壇した。

ポスタービジュアルに映るアン・ハサウェイと同じく、河北は赤いワンピース、小島は赤いロングドレスで登場。本作の衣装について聞かれた河北は「すごく可愛いなって思っていて、映画の見どころの一つです。ラフな感じの服からいろんな幅のあるファッションで見てるだけで楽しかったです」とコメント。一方の小島は、働く女性目線から「働いている人がすごく取り入れやすいファッションでした。カジュアルでシンプルでとても真似しやすい。私もこの秋、アンのファッションを真似したいです」と続いた。

また、ニューヨーク出身の河北は、ロバート・デ・ニーロの近所に住んでいたというエピソードを披露し、さらにニューヨーク時代にデ・ニーロが経営しているレストランに家族で食事に行ったことも明かした。すると小島もすかさず「聞いたことある! エヌオービーユーってやつですよね」と反応するほど。

最後には「働く女性はもちろん共感できる部分もあると思うんですけど、自分が悩んでいることは私だけじゃないんだなって思える映画です」(小島)、「映画を見て泣いちゃいました。働く女性はこれを見て『明日からも頑張ろう』って思える映画です。男性も、ベンのようにならなきゃなって勉強できる映画なので、ぜひ男性も女性もどっちも見てほしいですね」(河北)とアピールした。


映画『マイ・インターン』
10月10日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

【STORY】
ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが…彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールズには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
キャスト:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アン・ハサウェイ

生年月日1982年11月12日(35歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

アン・ハサウェイの関連作品一覧

ロバート・デ・ニーロ

生年月日1943年8月17日(75歳)
星座しし座
出生地

ロバート・デ・ニーロの関連作品一覧

河北麻友子

生年月日1991年11月28日(26歳)
星座いて座
出生地米・ニューヨーク

河北麻友子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST