映画『罪の余白』完成披露試写会で内野聖陽、女子高生軍団に囲まれ「大人をなめるなよ!」と一喝!

(左から)谷村美月、内野聖陽、吉本実憂、大塚祐吉監督

(左から)谷村美月、内野聖陽、吉本実憂、大塚祐吉監督

映画『罪の余白』(10月3日公開)に出演している、超演技派俳優・内野聖陽と、本作で“モンスター女子高生”を演じた話題の若手女優・吉本実憂、そして谷村美月、大塚祐吉監督が登壇し、都内にて完成披露試写会が開催された。

本作は、第三回野性時代フロンティア文学賞を受賞した芦沢央のサスペンス小説「罪の余白」の映画化。父親演じるのは、舞台・映画と幅広い分野で活躍する内野聖陽。失意に暮れながらも復讐を誓い暴走する父親役を迫真の演技で披露。そして、そんな内野を執拗に追い込み残忍な行動を繰り広げる女子高生役は吉本実憂。第13回全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞し演技派と呼び名も高い注目の女優だ。

あいにくの天候にも関わらず超満員の観客に大歓声で迎えられた内野、吉本、谷村と大塚監督。原作のどのような部分に惹かれたかを聞かれた監督は、「心理学者の父親が娘を失った絶望の中、対決するのが娘の親友だった、という構図がすごく面白いなと思いました」主演の内野も「いい大人が女子高生に見事に振り回される姿が面白くて。脚本を読んで是非やらせてください! とお答えしました」本作出演の経緯をコメント。

そしてダークヒロインを怪演した吉本実憂も役作りについて聞かれると、「最初はどうやって役と向き合えばいいか分かりませんでしたが監督から“人を傷つけることを楽しんで!”とアドバイスを受けてやっと役に打ち込めました」と監督からの大胆なアドバイスを披露。また内野からも「リハーサル中、監督がひそひそ話で吉本さんにアドバイスを送っていると思ったら、本番になるとアドリブで僕を傷つけてくるんですよ。上手くなってくるにつれ、だんだんムカついてきて!」と答え、吉本も「最終的には自発的に言葉が出てきました!」と完全に悪女役をものにしたよう。

そして「大人VS女子高生」の劇中の構図にちなみ、女子高生軍団がサプライズ登場! 苦笑いの内野に、女子高生を代表し吉本から「女子高生に追いつめられるのはどんな気持ちですか?」と大胆な質問。たじろぎながらも内野は「木場咲のような女子高生がもし本当にいれば“大人をなめるなよ!“と言ってやりたいです。」と一喝し、場内は大爆笑。最後に「エンタテイメント作品でありながら、こういう年代の子を持つ親御さんには何か考えさせられる作品になっていると思います。是非楽しんでいってください。」と内野より一言があり、大歓声の中イベントが終了した。


映画『罪の余白』
10月3日TOHOシネマズ新宿ほかにて全国ロードショー

出演:内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかな、宇野愛海、堀部圭亮、利重剛、加藤雅也ほか
監督・脚本:大塚祐吉
原作:「罪の余白」芦沢央著(KADOKAWA/角川書店)第3回野性時代フロンティア文学賞受賞作
製作:2015「罪の余白」フィルムパートナーズ
配給:ファントム・フィルム

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST