M・ナイト・シャマラン最新作『ヴィジット』が全米大ヒットスタート!

(C) Universal Pictures.

M・ナイト・シャマラン監督 (C) Universal Pictures.

『シックス・センス』で知られるM・ナイト・シャマラン監督の最新作『ヴィジット』が、9月11日(金)に全米3069館で公開され、週末3日間で25,427,560ドル(約30億円、1ドル=120円計算)の大ヒットを記録した。『アンブレイカブル』『サイン』『ヴィレッジ』で、「予測不能なストーリー」と「驚愕のクライマックス」を描き続けた天才ストーリーテラーは、本作で『ハプニング』以来7年ぶりに自身のルーツである“スリラー映画”へと原点回帰している。

BoxofficeGruの予測を遙かに上回り、初登場2位の大ヒットスタートを切った本作は、シャマラン監督の映画としては初めて、製作費(500万ドル)を初日1日で回収することとなった。観客の割合では、60%が女性、48%が21歳未満であり、若い女性がヒットを牽引しているようだ。

(C) Universal Pictures.

(C) Universal Pictures.

ネットではすでに「“怖さ”、“楽しさ”が同居する稀な快作」ほか、「おばぁちゃん怖すぎッ」「鳥肌が立った」「おかえりシャマラン!」などシャマラン復活を喜ぶ声が続々と上がっているほか、「近年では最高のスタジオホラー映画」(ヴィレッジ・ヴォイス)、「スリル満点のギリギリなドライブのようだ」(アット・ホーム・ハリウッド・コム)、「シャマランが一番得意とする映画に帰ってきた。自身のシックス・センス(第6感)を使ったスリラーは観客の期待を大きく覆す」(タイムズ=ピカユーン)、「この最高に気味が悪く、楽しい映画で、シャマランは吠えて帰ってきた」(フォーブス)、「シャマランは終始、我々をもてあそび、様々なホラー映画にオマージュを捧げている。怖くて、楽しい」(サンノゼ・マーキュリー・ニュース)など、多くの映画批評サイトも太鼓判を押しており、Rotten Tomatoesでも『サイン』以来、13年ぶりのフレッシュがついている。

自身でも驚くほどの好反応にシャマラン監督は「沢山の人が見てくれたことに、とても興奮して圧倒されたよ!関わってくれたみんなを誇りに思います。有難う!」と喜びのコメントを発表している。日本では全米大ヒットをうけ、TOHOシネマズ新宿での追加上映が決定している。


映画『ヴィジット』

10月23日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン、ジェイソン・ブラム、マーク・ビエンストック
出演:キャスリン・ハーン、ディアナ・デュナガン、ピーター・マクロビー、エド・オクセンボールド、オリビア・デヨング
上映時間:94分
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST