豪華キャストが一挙に発表! ヤスケン主演映画『俳優 亀岡拓次』

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

2016年1月31日(土)より公開となる、安田顕主演の話題作『俳優 亀岡拓次』の、大ベテランから超個性派、若手イケメンまで錚々(そうそう)たる俳優が集ったキャスト陣が一挙に発表された。

本作主演の安田顕は、「日本一チケットが取れない」と言われる人気演劇ユニットTEAM NACSのメンバーにして、硬軟男女を演じ分け、映画やドラマ・舞台に引っ張りだこの個性派俳優。今年に入ってからは、映画だけでも、『龍三と七人の子分たち』『ビリギャル』『新宿スワン』と大ヒット作に立て続けに出演しており、TVドラマ「問題のあるレストラン」での女装も大きな話題となった。

そんな安田が本作で演じるのは、TVでも映画でも、時代劇でもドラマでも、見かけたことはあるけど・・・それがどこだったか、何という作品だったか、ぱっと名前が思い浮かぶことがないという脇役俳優・亀岡拓次。泥棒、チンピラ、ホームレス・・・演じた役は数知れず、大作の脇役から自主映画の脇役まで、声がかかる限りどこにでもどんな役でも駆けつける、監督から重宝される脇役俳優だ。

そんな亀岡拓次が撮影現場で出会うのは、個性的な面々ばかり。亀岡がロケ先の居酒屋「ムロタ」で出会い恋に落ちる安曇(あづみ)を麻生久美子、亀岡の俳優仲間・宇野泰平を宇野祥平、亀岡が参加するVシネの監督・山之上(やまのうえ)を新井浩文、インディーズ映画の監督・横田(よこた)を染谷将太、亀岡が参加した作品の主演をつとめるイケメン人気俳優・貝塚トオル(かいづかとおる)を浅香航大、亀岡行きつけのスナック・キャロットのママを杉田かおる、亀岡のマネージャー・藤井役を工藤夕貴、亀岡が初舞台を踏むことになる陽光座の座長で大女優の松村夏子(まつむらなつこ)を三田佳子、日本映画の大御所・古藤(ふるどう)監督を山﨑努が演じるという、なんとも豪華なキャストが集結している本作は、見逃せない一本になりそうだ。

【以下、出演者のコメント】

■麻生久美子

監督は、前と変わらず妥協しない姿がとてもカッコよくて素敵で、その姿が見られただけで幸せでした。私の撮影はすぐ終わってしまいましたが、居心地が良く楽しかったです。(安田顕さんは)リアリティを追求する役者さんだなと思いました。お酒を飲んでいるシーンでどんどん酔っていく姿が亀岡さんにしか見えず、素敵だなと思いました。

■宇野祥平

横浜組に参加するといつも映画を超えて自分自身のことも考えさせられます。普段、他人のことをわかろうとしてしまう自分がいますが、他人どころか自分のことも全然わからないということを突きつけられます。とても大事な時間でした。安田さんが劇中の関係性を撮影外でも作ってくれたので、もしかしたら僕だけが知っている安田さんの印象は俳優亀岡拓次そのままなのかもしれません。

■新井浩文

幸薄そうな顔の横浜監督が、結婚できたと聞いてほっとしました。

■染谷将太

現場には1日の参加でしたが、横浜さんが意図せず作り出すあの現場の空気感は忘れません。っあ、横浜さんの映画の匂いがするって思いました。安田さんは、シャイだけど打ち解けるととてもダンディでお茶目なヤスケンさんが出てくる。(打ち解けるまでに約2年かかりました)またゆっくり呑みましょう。

■浅香航大

とても面白い本だと思いました。横浜監督の穏やかで独特な雰囲気から溢れ出る情熱的な気持ちをヒシヒシと感じました。この作品に参加できた事をとても嬉しく思います。

■杉田かおる

横浜監督は、感性が素晴らしく繊細なのに大胆で隅々まで演出が生き生きしていてとても新鮮でした!安田さんとは以前舞台でもご一緒させて頂いたのですが、とても真面目で真摯な姿勢で役に取り組んでいらっしゃるところと底抜けに明るいところが北海道の大地を彷彿とさせる素晴らしい俳優さんだなぁと思います!

■工藤夕貴

私は横浜聡子監督が好きだ!映像から溢れる独特のオフビート、そこはかとなく子供が唇を突き出して拗ねているようなその世界観には、シュールで荒廃した空気が漂っている。それなのに、なぜだか温かい気持ちになる。監督がちあきなおみの歌を歌うその声も好きだ!私が男なら監督と結婚したい…?!とさえ思っている。この作品にも監督の愛がある。そして私はその中に新しい自分を探しているのだ。

■三田佳子

(横浜監督は)作家であり演出家でもある横浜監督は、鋭い感性で、確固たる独自の世界を持っていらっしゃる。一方で女性らしい細やかさと柔らかさで、懐深く私の女優人生をまるごと受け止めて頂けた思いが致します。ご一緒できて、ほんとうに嬉しかった。作品の完成を、心から楽しみにしています。※(安田顕さんは) よくぞ、揉んでくれたわね(笑)安田さんが「俳優 亀岡拓次」を演じているのか、「俳優 亀岡拓次」が安田さんの身を借りてそこにいるのか。衣裳合わせで初めてお会いした時から、オンもオフも、ほんとうに自然体で役に集中し続けていらっしゃったのが印象的でした。また、ご一緒したいですね。

【スタッフ紹介】

■横浜聡子(監督・脚本)

1978年、青森県生まれ。横浜の大学を卒業後、東京で1年程OLをし、2002年に映画美学校で学ぶ。卒業制作の短編『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』が2006年CO2オープンコンペ部門最優秀賞受賞。長編1作目となる『ジャーマン+雨』を自主制作。翌2007年、CO2シネアスト大阪市長賞を受賞。自主制作映画としては異例の全国劇場公開される。2007年度日本映画監督協会新人賞を受賞。2008年『ウルトラミラクルラブストーリー』(出演:松山ケンイチ、麻生久美子)を監督、トロント国際映画祭他、多くの海外映画祭にて上映された。松山ケンイチが第64回毎日映画コンクール男優主演賞など受賞、作品がTAMA CINEMA FORUM最優秀作品賞を受賞、多くの評価を集めた。2011年には短編映画2作品『真夜中からとびうつれ』(出演:多部未華子、宇野祥平) &『おばあちゃん女の子』(出演:野嵜好美、宇野祥平)。2013年は「りんごのうかの少女」(出演:工藤夕貴、永瀬正敏)が、ロンドンで開催された第21回レインダンス映画祭では横浜聡子特集上映で上映された。

【STORY】
亀岡拓次、37歳独身。職業は脇役メインの俳優。“最強の脇役”ぶりで仕事が途切れることはないが、
プライベートは安い居酒屋を一人飲み歩く地味な生活。
そんな亀岡がロケ先で出会った飲み屋の女将・安曇に恋をして・・・。
世界的巨匠からもオーディションの声がかかり、脇役人生に大きな転機が訪れるのか・・・・・・?
不器用だけど愛すべき亀岡拓次が巻き起こす、ユーモアあふれるハートフルな物語。


映画『俳優 亀岡拓次』

2016年1月31日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー


出演:安田顕、麻生久美子、宇野祥平、新井浩文、染谷将太、浅香航大、杉田かおる、工藤夕貴、三田佳子、山﨑努

監督:横浜聡子『ウルトラミラクルラブストーリー』

原作:戌井昭人「俳優・亀岡拓次」(フォイル刊)

音楽:大友良英「あまちゃん」

製作:『俳優 亀岡拓次』製作委員会

配給:日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宇野祥平

生年月日1978年2月11日(40歳)
星座みずがめ座
出生地大阪府

宇野祥平の関連作品一覧

三田佳子

生年月日1941年10月8日(76歳)
星座てんびん座
出生地大阪府大阪市

三田佳子の関連作品一覧

工藤夕貴

生年月日1971年1月17日(47歳)
星座やぎ座
出生地東京都

工藤夕貴の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST