ロバート・ゼメキス監督が最新作『ザ・ウォーク』で2年ぶりの来日決定!

 

 

第28回東京国際映画祭オープニング作品として上映される『ザ・ウォーク』。今回、同映画祭の開催にあわせて、同作のメガホンを取ったロバート・ゼメキス監督が来日することが決定された。ゼメキス監督は、同映画祭のオープニングセレモニーとなるレッドカーペットイベントに参加するという。ゼメキス監督の来日は、2013年の『フライト』のキャンペーン以来2年ぶりとなる。

本作は、1974年の空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティが、フランスからニューヨークに渡り、誰もが思いつかなかった未知の世界にチャレンジするまでを描いたヒューマン・エンタテインメント。常に“最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきたゼメキス監督の“集大成”であり“最高峰”となりうる作品だ。

ゼメキス監督は本作について、「1974年 当時世界一の高さを誇るツインタワーの間を渡ろうとするなんて、誰も考えない。前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」と語っている。

また本作は、現地時間9月26日(土)に行われたニューヨーク映画祭ではオープニング作品としてプレミア上映が行われ、上映後の映画評ではTHE TELEGRAPHの“★★★★★”(五つ星)のように高評価を多数獲得し、今後の賞レースを盛り上げる期待作のひとつとして大きな注目を集めている。

本作の主人公は、世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩に挑んだフィリップ・プティ。この伝説の男プティを演じているのは、SFアクションの傑作『インセプション』で注目された若手実力派俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィットだ。

 

 

■ロバート・ゼメキス (監督/共同脚本/製作)

1985年に公開された映画の中で売り上げNo.1となった『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の脚本と監督を務め、アカデミー賞とゴールデングローブ賞のオリジナル脚本賞にノミネートされた。その後、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』 を手掛け、映画史上最大のヒットシリーズを完成させた。 そして大ヒット作『フォレスト・ガンプ/一期一会』ではアカデミー賞、ゴールデングローブ賞そして全米映画監督組合の監督賞を獲得。最近では主演したデンゼル・ワシントンがアカデミー賞にノミネートされた『フライト』を監督。


映画『ザ・ウォーク』

2016年1月23日(土)全国ロードショー

     <IMAX3D>上映も決定!

原題:The Walk
原作:「TO REACH THE CLOUDS」 by フィリップ・プティ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST