ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞『火の山のマリア』の日本公開日が決定!

(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015

(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015

2015年ベルリン国際映画祭で銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)に輝いた『火の山のマリア』が2016年2月13日(土)より岩波ホールほかでの全国順次公開が決定した。監督を務めたのは、同作が初長編がグアテマラ出身のハイロ・ブスタマンテ監督。銀熊賞受賞という世界的評価を受けて、『火の山のマリア』はグアテマラ史上初の、アカデミー賞外国語映画賞へのエントリーを果たしたことでも注目を集めている。

ブスタマンテ監督が題材として選んだのは、自身が幼少期を過ごしたマヤ文明の地で力強く生きる先住民たち。現地の人々を役者として起用し、グアテマラが抱える社会問題を取り入れながら、ドキュメンタリーのような臨場感を持つ力強い母娘の物語を作り上げた。監督が実際に取材して知り得た事実も含まれ、矛盾を孕むグアテマラの今が浮き上がってくる渾身の作品だ。

ストーリー

17歳になるマヤ人のマリアは、農業を営む両親と共に暮らしていた。一家は貧しく、作物を収穫できなければ借地を追い出されてしまう厳しい境遇におかれていた。そこでマリアの両親は、地主のイグナシオにマリアを嫁がせようとする。しかし、マリアはコーヒー農園で働く青年ペペに惹かれており、ある日、彼の子どもを宿してしまう。一方、農場では蛇の被害に悩まされていて、強力な農薬も効かず、人々は頭を抱えていた。そんなときにマリアの妊娠が発覚する―。

監督紹介

ハイロ・ブスタマンテ(映画監督)

1977年グアテマラ生まれ。コミュニケーション学を学んだのち、大手広告会社で CMを監督。パリ、ローマでも映画製作を学んだ。フランスのクレルモンフェラン短編映画祭で『Cuando sea grande』がCNC賞を受賞し、フランス、スウェーデン、ドイツのテレビで放映された。また脚本を手掛けた『El Escuadrón De La Muerte』はサン・セバスチャン国際映画祭を始めとする各国の映画祭で正式出品された。『火の山のマリア』は彼の長編デビュー作である。

2006 年『Todo es cuestion de trapos』(短編)、2009 年『Usted』(短編)、2010 年『Au detour des mues』(短編)、2011 年『Cuando sea grande』(短編)、2015 年『火の山のマリア』(長編)


映画『火の山のマリア』

2016年2月13日(土)より岩波ホールほか全国順次公開

監督・脚本:ハイロ・ブスタマンテ

製作総指揮:イネス・ノフエンテス

出演: マリア・メルセデス・コロイ、マリア・テロン、マヌエル・マヌエル・アントゥン

2015/グアテマラ・フランス/ビスタサイズ/DCP/93分/カラー/カクチケル語・スペイン語/日本語字幕:西村美須寿

原題『IXCANUL』

提供:GAGA、新日本映画社

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST