映画『ライチ☆光クラブ』中条あやみ&間宮祥太朗、悪天候でまさかのフライト欠航! 第20回釜山国際映画祭

©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

間宮祥太朗&中条あやみ ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

現地日程10月1日から10月10日まで韓国で開催される第20回釜山国際映画祭「ミッドナイト・パッション部門」に正式招待され、ワールドプレミア上映が決定している、内藤瑛亮監督の『ライチ☆光クラブ』。同映画祭のオープニングセレモニーとレッドカーペットに、ヒロイン“カノン”役の中条あやみと、美少年“ジャイボ”役の間宮祥太朗が参加予定だったが、悪天候の影響で予定していたフライトがなんと5時間の遅延、ソウルからの国内線へ振り替えるも、釜山行きの国内線が欠航し、列車移動を余儀なくされてしまった。

映画祭からの招待になんとか報いたいと、キャスト、スタッフ一丸となって釜山を目指した結果、オープニングセレモニー終盤にギリギリ滑り込む形で参加が叶った。やっとの思いで会場にたどりついた中条と間宮らが記念撮影をしていると、彼らを見つけた韓国の映画ファンたちが、「あやみちゃん!」「間宮くん!」と駆け寄り、とり囲まれてしまう一幕も。中条と間宮は、倍以上の時間をかけてようやくたどり着いたという安堵感と、韓国のファンの暖かい声援に感謝していた。2人にとって初めての国際映画祭で、念願のレッドカーペットデビューは叶わなかったものの、壮絶な1日を乗り越え、俳優として一生忘れられない思い出になったようだ。

【中条あやみ/カノン役 コメント】

レッドカーペット歩きたかったですが、映画祭の空気を味わえてうれしかったです。この映画は、すごくかっこいい作品で、多感な少年たちの切実なメッセージがこめられている作品です。釜山国際映画祭をきっかけに、世界中の人に見ていただいて、なにかを感じてもらえたらうれしいです。

【間宮祥太朗/ジャイボ役 コメント】

大変な道のりを経て釜山につきました。台風で飛行機が飛ばず、それでもなにがなんでも行きたいという気持ちで、成田空港から羽田空港、第二ターミナルから第一ターミナル、北ウィングから南ウイングと移動し、飛行機でソウルに入りました。 そこから電車に乗って釜山にやってきました。 レッドカーペットは歩けなかったけど、セレモニーには間に合ったので本当に幸せです。 明日、『ライチ☆光クラブ』がワールドプレミアで上映されます。国籍が違う人に見てもらえることがすごく楽しみです。

【内藤瑛亮監督 コメント】

ぼくは前日に釜山に入ったので、二人(中条と間宮)が無事辿り着けるように祈ってました。 大変な道のりだったみたいですが、ここまでたどり着けてうれしく思います。 レッドカーペットは、二人の気持ちを背負いながら歩きました。 明日『ライチ☆光クラブ』は、ワールドプレミアの上映があります。キム・ギドク監督や ジョニー・トー監督など大好きな監督たちが参加している映画祭に参加できてうれしいです。 一人でも多くの人に見てもらいたいと思います。

【映画『ライチ☆光クラブ』作品概要】

大人になる前の脆く、残酷で多感な少年の思春期を描き、その独創的な世界観と圧倒的なカリスマ性で支持される鬼才漫画家・古屋兎丸のロングセラーコミックが待望の映画化。物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地"光クラブ"。14歳を目前に大人のいない世界をつくろうとした9人の美しい少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”と、少女カノンの恋を、圧倒的に美しくダークな世界観で描く。


映画『ライチ☆光クラブ』

2016年<正月第二弾>新宿バルト9ほか全国ロードショー

主演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音

監督:内藤瑛亮

脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮

原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST