『orange-オレンジ-』ポスタービジュアルは原作第1巻の表紙をまさかの完全再現!

(C)2015「orange」製作委員会   (C)高野苺/双葉社

(C)2015「orange」製作委員会  (C)高野苺/双葉社

「月刊アクション」(双葉社)にて連載(8月25日発売号にて完結)、コミックス既刊4巻で180万部を突破し、国内外に熱いファンを持つ話題の漫画『orange』。未来の自分から手紙が届くというファンタジックな世界観と、大切な人を亡くさないために、”今”を変えようともがきながら奮闘する姿、好きだからこそ相手の幸せを考えるという甘酸っぱい恋愛要素が共感を呼び、新たな形の「青春群像劇」として、世代・性別問わずに注目を浴びている同作が、ついに実写映画化。

未来の自分から届いた手紙を元に、大切な人との未来を変えるために奮闘する主人公・高宮菜穂には、大好評のまま終了したNHK連続テレビ小説「まれ」に主演し、”朝の顔”として日本中の注目を浴びた土屋太鳳、菜穂に想いを寄せながらも、母親の自殺によって心に深い傷を負っている転校生・成瀬 翔は、同じく「まれ」で土屋太鳳の相手役を務め、話題の ドラマ・映画に続々出演中の山﨑賢人が務め、現在“まれコンビ”として、日本中の注目を浴びて二人が再びタッグを組むことが発表され話題を呼んでいる。さらには、竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみとフレッシュなキャストが主演二人の脇を固める。監督には長編映画初挑戦となる橋本光二郎を迎え入れ、原作の舞台となっている長野県内で大掛かりなロケが現在も敢行されている。

そして10月3日(土)より、全国の劇場にて掲出されるポスタービジュアルが解禁される。

「ずっと一緒」「10年後も」「待ってるよ、みんなで」というコピーと共に、温かくも何か強い意志を感じさせる瞳で、未来への希望を持った表情を見せる菜穂(土屋太鳳)、まっすぐに、しかしどこか寂しげな瞳をした翔(山﨑賢人)、そして10年後の自分から届いた手紙。メッセージ性の強いキャスト陣表情に加え、本作のキーワードとなる言葉やアイテムが随所に散りばめられており、繊細な世界観が表現されている。そこに須和・貴子・萩田・あずさも加わり、青春の爽やかさが詰まったビジュアルとなった。

さらに、原作の第1巻を忠実に再現した菜穂・翔・須和の3ショットビジュアルも初解禁。ポスタービジュアルにも掲載されており、楽しそうに笑い合う姿はまさに原作の中にでてくる3人そのもの。原作のイメージを表現しながらも、実写化でしかできない空気感を醸し出し、作品への期待が高まるものとなっている。

(C)2015「orange」製作委員会   (C)高野苺/双葉社

(C)2015「orange」製作委員会  (C)高野苺/双葉社


映画『orange-オレンジ-』

2015年12月12日全国東宝系にてロードショー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

土屋太鳳

生年月日1995年2月3日(23歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

土屋太鳳の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST