映画『マジック・マイクXXL』生粋の南部美人をアンデイ・マクダウェルがナチュラルに熱演! 場面写真公開!

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT,LLC

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT,LLC

全米の女性観客を熱狂させた地上最高の“セクシー・モンスター”たちが遂に日本上陸!映画『マジック・マイクXXL』が10月17日(土)に待望の日本公開となる。
今回、5人のセクシー・モンスターが出会う、バツイチになったばかりの南部女性・ナンシー役で女の魅力を披露する熟成女優、アンディ・マクダウェルの場面写真が公開された。

『マジック・マイクXXL』は、ダンスコンテストに参加することになったマイクと5人の仲間たちが、フロリダ州タンパからサウスカロライナ州のマートルビーチへのロードムービーだ。出発前夜ビーチパーティーで盛り上がった5人。その夜、ティト(ロバート・ロドリゲス)は出会った女の子と、旅の途中にある彼女の家に立ち寄る約束する。旅の途中、南部の家を訪れた5人を迎えたのが、彼女の母親であるナンシーだ。

何一つ不自由ない暮らしをするナンシーだが、実はバツイチになったばかり。そこで、友人たちとワインを片手に女子会の真っ最中だ。そこで語られていたのは、男性関係の悩み等。アウェイな環境に不覚にも立ち入ってしまったマイクと仲間たちは、女性たちの耳を傾け、癒やし系のケン(マッド・ボマー)が、ブライアン・アタムスの名曲「ヘブン」を披露する。そして、ナンシーと意気投合するのが、男性ならではの夜の悩みを抱えるリッチー(ジョー・マンガニエロ)なのだが…。

アメリカ南部、サウスカロライナ州出身のアンデイ・マクダウェルは、モデルとしてキャリアをスタート。彼女の名が脚光を浴びたのは、『マジック・マイクXXL』で製作と撮影を担当したスティーブン・ソダーバーグのカンヌ国際映画祭の最高賞《パルム・ドール》に輝いた『セックスと嘘とビデオテープ』(1989)での演技だ。マクダウェルは世界でセンセーションを巻き起こしたこの作品で、イノセントな女性ヒロインのアンを演じ、その後、世界が認める女優として数々のラブストーリーに登場している。

女性たちをハッピーにする“セクシー・モンスター”の魅力に加え、アンディ・マクダウェルを始め、ジェイダ・ピンケット・スミス、エリザベス・バンクス、アンバー・ハードらが演じる女性たちの魅力も観逃せない。


映画『マジック・マイクXXL』
10月17日(土)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他 全国ロードショー

出演:チャニング・テイタム(『ホワイトハウス・ダウン』)マット・ボマー(『ホワイトカラー』)、ジョー・マンガニエロ(『トゥルー・ブラッド』)エリザベス・バンクス(『ハンガー・ゲーム』)アンバー・ハード(『ラム・ダイアリー』
製作総指揮:スティーブン・ソダーバーグ(『オーシャンズ』シリーズ)
監督:グレゴリー・ジェイコブズ
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST