『マイ・インターン』全米実写映画公開ナンバー1スタート! アン・ハサウェイ、15年越しの夢叶う

(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『プラダを着た悪魔』で恋に仕事に奮闘し、ファッション業界でキャリアアップしていく姿を等身大で演じ世界中の女性から憧れの的となったアン・ハサウェイ。あれから9年、今度はアンがニューヨークのファッションサイトの社長を演じる最新作『マイ・インターン』が9月25日(金)に全米3,305館で公開され、公開3日間の興行収入が18,225,000ドルとなり、実写映画ナンバー1スタートを切った(BOXOFFICEMOJO調べ。9月28日現在)。

恋愛映画の巨匠として知られるナンシー・マイヤーズ監督だが、本作は興行収入1億ドルを超えた『恋愛適齢期』(03)のオープニング成績(1,600万ドル)を超えるヒットスタートとなり、ナンシー・マイヤーズの新たな代表作になることは間違いない結果となった。

アンは本作への強い思いを語り「ナンシーの映画にずっと出たかったの。実は『ハート・オブ・ウーマン』(00)でメル・ギブソンの娘役のオーディションを受けたし、『ホリデイ』(06)でもオーディションを受けたのよ。15年間ずっと一緒に仕事がしたいと思っていたわけだから、今回ついに夢が叶って本当にわくわくしたわ」と明かし、三度目の正直でついにナンシー・マイヤーズ監督と仕事ができた喜びを語った。

『マイ・インターン』は10月10日(土)公開。


映画『マイ・インターン』
10月10日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

【STORY】
ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが…彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールズには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
キャスト:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アン・ハサウェイ

生年月日1982年11月12日(35歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

アン・ハサウェイの関連作品一覧

ロバート・デ・ニーロ

生年月日1943年8月17日(74歳)
星座しし座
出生地

ロバート・デ・ニーロの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST