【TSUTAYA・レンタルDVDランキング】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が首位! 『トゥモローランド』『龍三と七人の子分たち』も登場

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』DVD

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』DVD

先週(9月28日~10月4日)は綾野剛、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華出演陣が話題の『新宿スワン』が首位を獲得。2位には巨大迷路に送り込まれた若者たちが脱出を試みるサバイバルムービー『メイズ・ランナー』がランクインした。

今週(10月5日〜11日)は『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が首位を獲得、ジョージ・クルーニー主演の『トゥモローランド』が4位、北野武監督作品『龍三と七人の子分たち』が6位にランクインした。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』は怒涛の6週連続のトップ10入りを達成。一方、『シンデレラ』『フォーカス』のトップ10入りは連続5週でストップした。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』がいよいよレンタル開始!販売DVDランキングでも存在感。

連載終了から20年の時を経てなお絶大な支持を得る漫画『ドラゴンボール』の劇場版第19作目、ドラゴンボールZ 復活の「F」が今週レンタル開始し、見事首位を獲得した。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、原作者・鳥山明自ら脚本を担当し、メインの敵役に悪の帝王・フリーザを復活登場させたことが大きな反響を呼んだ作品だ。

作品の題名にも使われている「F」は、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンが2008年に発表した楽曲「F」から脚本のインスパイアを受けた鳥山が、映画自体の題名にそのまま使用したもの。フリーザをテーマに製作された同曲は『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のバトルシーンでも挿入歌として聴くことができる。主題歌はももいろクローバーZが担当している。

北野武最新作『龍三と七人の子分たち』は6位スタート!

6位には北野武の2年半ぶり17本目となる監督作品『龍三と七人の子分たち』がランクインした。

ヤクザの世界から引退したジジイ達を主人公にした同作では、主演の藤竜也をはじめ、近藤正臣、中尾彬ら平均年齢70歳越えのベテラン俳優が個性豊かなジジイたちを好演。藤竜也演じる龍三率いる「一龍会」と、オレオレ詐欺などの悪さをする京浜連合の対立を中心に、ヤクザの対立というヘビーな内容を北野がコメディタッチで笑いに昇華する。「一龍会」たちと対立する京浜連合の冷徹なボスはいまや名脇役としてひっぱりだこの安田顕が起用されている。

世界の北野がお茶の間の笑いを誘う極上のエンタメ映画だ。

(文:吉川泰平)

◆ 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 予告編

TSUTAYA・ レンタルDVDランキング

2015年10月5日(月)~2015年10月11日(日)

今週 (先週)
1 (NEW)

ドラゴンボールZ 復活の「F」』DVD

2 (1)

新宿スワン』DVD

3 (2)

メイズ・ランナー』DVD

4 (NEW)

トゥモローランド』DVD

5 (3)

ワイルド・スピード SKY MISSION』DVD

6 (NEW)

龍三と七人の子分たち』DVD

7 (NEW)

『ピッチ・パーフェクト』DVD

8 (4)

セッション』DVD

9 (5)

映画 暗殺教室』DVD

10 (6)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』DVD

【TSUTAYA・レンタルDVDランキング】日米、タイプの異なる“硬派”実写長編が上昇!『セッション』と、品川ヒロシ×哀川翔のアノ映画がランクイン

【TSUTAYA・販売DVDランキング】渋谷すばる『記憶』が首位獲得!RADWIMPSは特別な東北ライブを2年越しの映像作品化

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST