映画『パパが遺した物語』公開前イベントで藤本敏史、庄司智春が娘への溺愛っぷりをアピール!!

((左から)藤本敏史、藤田彩華、庄司智春

(左から)藤本敏史、藤田彩華、庄司智春

父と息子の絆を描く『幸せのちから』で、世界中を涙で包んだガブリエレ・ムッチーノ監督がNYを舞台に、トラウマを克服しようとする少女の成長物語を通して、小説家の父と娘のかけがえのない絆を描く、映画『パパが遺した物語』が、ギャガ配給にて10月3日(土)より公開となる。公開に先駆け、娘が大好きな藤本敏史と庄司智春、可愛すぎる天才子役の藤田彩華が登壇する公開記念イベントが行われた。

父と娘のかけがえのない愛に泣く本作のイベントということで、“日本のパパ代表”として、3歳の娘を持ち、先日第2子が生まれることを発表した藤本と3歳の息子を持ち、先日第2子が生まれた庄司のお二人を迎えて行われた本イベント。藤本は「どうも~吉本のラッセル・クロウです~!」、庄司は「ミキティー!」とボケをかまし登場した二人。本作について藤本は「家族が何気ない日常を過ごせることが幸せなことなんだと感じた映画でしたね。」、庄司は「愛情って存分に与えないといけないなと感じました。人の愛って大切だと改めて感じましたね。」とコメント。

“俺はこんなにすごいパパだ”というアピールポイントを問われると、藤本は「僕は、今年で芸歴26年ですけど、どんな仕事も断らない! 娘のためなら、若手がやればいいじゃないってことまでやる!」、庄司は「僕らは芸暦20年ですけど、ガッラガラのパチンコホールの営業とかいってますからね! ガラッガラなのに店内を練り歩いて、お客さんたちは握手してもくれないんですから!」と競うあうようにアピール! その切実ながらも堂々した振る舞いに会場は笑いに包まれた。

藤田は歌も披露

藤田は歌も披露

ここで、ミキティー! ならぬサイカー! という庄司の呼びかけで“ギュっと!”のCMでお馴染みの藤田彩華ちゃんが登場! 現在小学2年生、8歳という彩華ちゃんは、映画の中の娘役ケイティと同じ歳。本作については「主人公のパパが離れ離れになるところが悲しかったです。でもその後に一緒にお歌を歌ったり、自転車に乗れたりしてよかったです!」とコメント。藤本は「こんだけ可愛いいと逆に心配! 気が気じゃないでしょ~すんごいモテると思いますしね!」といい、彩華ちゃんの可愛さに、メロメロの様子で語った。

映画の中で、カーペンターズの「Close tou you」を親子で歌うシーンが印象的な本作。自宅で子供と一緒に歌をうたうという二人だが、藤本は「うちはプリキュアです! あと、テイラー・スウィフトの『Shake it off』も歌いますね。娘はペーペーペー♪としか歌えていませんけど!」、庄司は「うちは、男の子なので手裏剣戦隊ニンニンジャーが好きですね! 幼稚園で習った曲も歌いますよ!」と明かし、歌が特技という彩華ちゃんは、得意の曲だという「あわてんぼうのサンタクロース」を会場で披露! これには、藤本と庄司も「めちゃめちゃかわいいー! 癒されるー!」とまたもやメロメロの様子をみせた。

本作の主人公である小説家のジェイクは、娘のために小説を1冊書き上げるが、最後に映画のタイトルにもかけて、自身の子供に遺してあげたいことを問われると、藤本は「僕はお笑い芸人なので、芸を遺してあげたい! 娘がクラスメイトに、『なんかこの教室狭くない?』っていじられた時に、『それ、私の顔がでかいからやろー!』という僕のネタを使ってほしい!」とポジティブに明かした。

最後に、それぞれ本作の見所について、藤本は、「ケイティが大人になってから人を愛せなくなってしまうんです。そんなケイティが父の愛を受け取って、本当の愛をみつけていく過程を是非観てほしいです!」、庄司は「愛を深くまで描いているし、ラッセルクロウの演技がアカデミー賞並みにすごい!ラッセルの演技を観るだけでも価値がある映画だと思います!」、彩華ちゃんは「ケイティとパパのシーンに注目してみてください!」と映画をPRし、イベントを締めくくった。


映画『パパが遺した物語』
10月3日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー

原題:Fathers and Daughters
監督:ガブリエレ・ムッチーノ『幸せのちから』
出演:ラッセル・クロウ(『ビューティフル・マインド』)、アマンダ・セイフライド(『レ・ミゼラブル』)、アーロン・ポール(『ニード・フォー・スピード』)、クヮヴェンジャネ・ウォレス(『ANNIE/アニー』)、ダイアン・クルーガー(『トロイ』)、ジェーン・フォンダ(『黄昏』)、オクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ ~心がつなぐストーリー』)
2015年/アメリカ・イタリア合作/116分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:栗原とみ子
提供:ギャガ、読売新聞社
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST