東京国際映画祭 史上初! MX4Dで上映するのは「機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に」

『機動戦士ガンダムUC』episode 7 虹の彼方に/(C)創通・サンライズ

『機動戦士ガンダムUC』episode 7 虹の彼方に/(C)創通・サンライズ

10月22日(木)~31日(土)開催の第28回東京国際映画祭にて「機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に」が、初めてMediaMationMX4D™で上映される。

MX4D™は今年4月にサービスを開始したばかりのアトラクション型劇場シート。東京国際映画祭事務局長都島の「東京国際映画祭でしか出来ない体験を提供したい」という想いが本企画の出発点だという。「劇場でしか味わえないスペシャルな体験をあらゆる世代に楽しんでもらいたい。あらゆる世代にファンを持つガンダム作品で実現するのがもっともふさわしい」という想いから実現した。

その想いを受けてMX4D™化されるのは特集企画「ガンダムとその世界」で上映が発表されている「機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に」。ガンダム史上でも初のMX4D™化で、現在「機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に」のプロデューサーからの演出プランをもとに米国本社で作業中だ。

劇場チケットは10月10日(土)ticket boardにて発売各作品の上映スケジュールも公式サイトにて同時発表となる。

第28回東京国際映画祭 開催概要

開催期間:10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿他
公式サイト:http://www.tiff-jp.net
チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始

特集上映「ガンダムとその世界」鑑賞概要

●料金:1,300円均一
*MX4D 料金:料金にプラス1,200円で2,500円均一になります。
*MX4D 上映に関しては劇場HPの注意事項をご確認の上、チケットをお買い求め下さい。

MediaMationMX4D™とは

米国MediaMation社が開発、ソニービジネスソリューション株式会社が国内ビジネスを展開するアトラクション型4Dシアター。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する11種の特殊効果が連動。通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を体験できる。日本国内ではTOHOシネマズが採用し、TOHOシネマズ 新宿、六本木ヒルズ、ららぽーと富士見でしか採用されていないスペシャルシート。

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST