映画『ピンクとグレー』釜山国際映画祭に主演・中島裕翔、菅田将暉登場!! 投げキッスも披露で“ピンク”の歓声

会見に出席した菅田将暉

会見に出席した菅田将暉

芸能界の嘘とリアルを現役アイドル加藤シゲアキ(NEWS)が描いた問題作を、初主演・中島裕翔を迎え、『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映画化した『ピンクとグレー』が2016年1月9日(土)公開。主人公で大人気スターでありながら突如謎の死を遂げる白木蓮吾役に中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、その親友であり蓮吾の死の真実を追う河田大貴役には今もっとも旬で抜群の在感を放つ菅田将暉が務める。

先日行われた第20回釜山国際映画祭 A Window on Asian Cinema部門において正式出品した本作。同映画祭において10月2日(金)<13:00~>に本編の公式上映、その後実施されたQ&A舞台挨拶と海辺での記者会見に主演の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菅田将暉、そして行定勲監督が登壇した。

ソヒャンセンタムシティにて公式上映終了後に行われた舞台挨拶には、世界中から詰めかけた約700人の観客が集まった会場に中島、菅田、そして行定監督が姿を現すと、会場からは女性の“黄色い”ならぬ“ピンク色”の歓声が沸き起こり、大きな拍手と共に迎えられた。この日、グレー色のスーツを恰好良く着こなした中島と、パープル色のスーツにピンク色の髪色の菅田は、まさに映画タイトルであるピンクとグレー姿でお客さんを魅了した。

中島にとっては初の主演映画であり、原作は先輩のアイドルグループNEWSの加藤シゲアキの作家デビュー作である。「プレッシャーはあったか?」と聞かれると、「原作は読んでいたのですが、先輩のデビュー作である小説の映画化であり、また僕にとっても初出演映画だったので緊張しました。撮影中盤にさしかかった頃、加藤くんがお弁当の差し入れをしてくれたことがあったんです。その時、僕が『この役、難しくてどうすればいいでしょう?』と加藤君に相談したら、『実際に悩んでいるのがスクリーンにでるからそのままでいいんじゃない?』と言ってくれました」と、原作者と出演者であり、先輩後輩である2人のやりとりを披露。

舞台挨拶が終了し、去り際に観客から「愛嬌みせてー」と声をかけられた中島はその歓声に応えて、観客に向けて投げキッスを披露。さらに、中島からのリクエストに応えて菅田も投げキッスをサービス。両者ともに照れながらもサービス精神旺盛なその姿に、現地のファンからの”ピンク色“の歓声が湧いた。


映画『ピンクとグレー』
2016年1月9日(土)全国ロードショー

出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、宮崎美子/柳楽優弥
監督:行定勲
脚本:蓬莱竜太・行定勲
原作:加藤シゲアキ「ピンクとグレー」(角川文庫)
音楽:半野善弘
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION
製作:「ピンクとグレー」製作委員会
配給:アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

加藤シゲアキ

生年月日1987年7月11日(31歳)
出生地大阪府

加藤シゲアキの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST