『オデッセイ』星に液体の水が流れている新たな証拠を発見。火星に独り残された“あの男”がとった行動とは?

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

米航空宇宙局(NASA)が、火星に液体の水が流れている新たな証拠を発見したと発表。火星探査機が収集したデータを元に周期的に現れる“なにかが流れたような跡”を確認。現在も火星には水が存在している可能性を強く示す発見となった。

この一大ニュースを受けてネット上は大いに盛り上がり、憶測を含めて様々なコメントが飛び交っているが、今まさに旬な火星ネタと言えば、世界中で大ヒットを記録し、アカデミー賞(R)に輝く巨匠リドリー・スコット監督がマット・デイモン主演で、火星にたった一人で取り残された男マーク・ワトニーの究極のサバイバルを描いた映画「オデッセイ」(2016年2月5日公開)。

世界宇宙週間の日、到着した画像に写し出されたワトニーが手にしていたのは、何とサーフボード。私たちがイメージする砂漠の様な火星になんとも似つかわしくない光景だが、“スーパーポジティブなワトニー”は火星での水発見ニュースを聞いて、サーフィンに出かけたのだろうか?

もちろん、これは本編の画像ではなく、ニュースを受けて作られた“公式”コラ画像。NASAが、脚本から主撮影までプロジェクト全般で重要な協力者およびコンサルタント、アドバイザーを務めた本作らしく、ネットでは「今回の会見発表を知っていた?」「NASAは映画の公開に合わせて発表した?」等、話題になっている。映画自体をNY POST紙が「スコットとは思えないほど多くのユーモアが盛り込まれている」と評したことを裏付けるように遊び心満載のネタ企画だ。

火星での有人探査の最中、宇宙飛行士のマーク・ワトニーは猛烈な嵐に巻き込まれ、死亡したと推測され、残りの乗組員は火星を去ってしまう。しかし、生き延びていたワトニーは、厳しい環境の惑星でたった一人取り残されたことに気づく。空気も水も通信手段も無く、わずかな食料しかない状況で、彼は知恵と精神力、創意工夫の才能を発揮して、4年後のNASAの救出まで生き延びようとする。2億2,530万km離れた地球では、NASAと各国から集められた科学者たちが、彼を生還させるための努力を続けるが、その一方で、ワトニーのチーム乗組員は協力し、不可能とも言える大胆な救出ミッションを計画する。たったひとりの男の不屈の挑戦が、心揺さぶる“史上最大の奇跡”をたぐり寄せるアドベンチャー超大作。ワトニーをはじめとする登場人物たちの苦難、絶望そして、希望に縁どられた長い旅路の先に最高の興奮と感動が待っている。


映画『オデッセイ』
2016年 2月5日 TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(80歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

マット・デイモン

生年月日1970年10月8日(47歳)
星座てんびん座
出生地

マット・デイモンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST