『ブラック・スキャンダル』ロンドン国際映画祭にジョニデ&カンバーバッチが登場

ジョニー・デップ夫妻

ジョニー・デップ夫妻

ベネチア国際映画祭で《アウト・オブ・コンペティション》作品としてワールドプレミア上映され、いち早く作品を鑑賞した世界の映画批評家たちが絶賛、さらに先日の全米公開後も各メディアが主演のジョニー・デップへ惜しみない賛辞を贈った『ブラック・スキャンダル』。

冷酷な凶悪犯ジェイムズ・“ホワイティ”・バルジャーが起こしたアメリカ犯罪史上、最大のスキャンダルを描いた本作は、ジョニー・デップを主演に、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチやケビン・ベーコンら豪華演技派俳優陣が集結。監督を務めるのは、『クレイジー・ハート』でジェフ・ブリッジスにオスカーをもたらしたスコット・クーパー。

バラエティ誌に「ジョニー・デップ史上、最高の演技」、ボストン・グローブ紙にも「(ジョニー・デップは)抑制がきき、集中力が途切れない演技」と絶賛。更に全米公開後にはメディアから「圧巻の演技」と評され、早くもオスカー主演男優賞の最有力候補とみなされているジョニー・デップ。彼の作品史上最高傑作である本作は、日本で2016 年1月30 日(土)より全国ロードショーとなる。

今回、10月7日(現地時間)より開幕した第59回ロンドン映画祭にて10月11日(現地時間)にオデオン・レスター・スクエアでロンドン・プレミアを実施した。レッド・カーペットに登場したのは、主演ジョニー・デップと、彼の弟役ビリーを演じたベネディクト・カンバーバッチ。米英を代表する豪華2大スターの2ショットが実現。世界5カ国より、TV・スチールフォトグラファー合わせて約200人のマスコミが殺到! 集まった3,000人以上のファンの熱狂的な期待に笑顔で応えた。

ベネディクト・カンバーバッチ(右)

ベネディクト・カンバーバッチ(右)

今回話題を呼んでいる“ルックス”について、ジョニーは尋ねられると「僕のメイクアップアーティストと共に5、6回テストをしたんだが、試行錯誤した挙げ句、最終的に、最も近いと思われるあるルックスに決まった。そのキャラクターが浮かび上がった時、彼はとても肉体的で、タフな男だったので、さらに体格を良くしたんだ。そういう側面、彼の肉体的な面を利用するというのはとても重要だった」と語り、「彼の声の録音はあまり残っていなかったので、ある意味、カンでやっていたが、うまくいったようだった。彼の以前の仲間から手紙をもらったんだが、かなりビビっていたようだったよ(笑)。そう聞いて嬉しかったがね」と役作りに関するエピソードも明かした。

全米公開後、マスコミ各紙はジョニー・デップの素晴らしい演技と、彼の演技を引き出したスコット・クーパー監督を絶賛。ロサンゼルス・タイムズ紙は「ジョニー・デップは、恐ろしくて脳裏から消えないバルジャーを創造」、ウォールストリート・ジャーナル紙は「ジョニー・デップは、激しい怒りを秘めた邪悪なジェイムズ・“ホワイティ”・バルジャー像を創り出した。スコット・クーパーは並外れた才能と優雅な簡潔さで演出。」など、それぞれコメントを掲載している。


映画『ブラック・スキャンダル』(原題:Black Mass)
2016年1月30日(土)より全国ロードショー

出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン(『ゼロ・ダーク・サーティ』)、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス デイビッド・ハーバー ダコタ・ジョンソン
監督・製作:スコット・クーパー(『クレージー・ハート』 第82回アカデミー賞2部門受賞 主演男優賞/主題歌賞)
原作:「ブラック・スキャンダル」著者:ディック・レイア&ジェラード・オニール/角川文庫刊/12月25日発売決定!
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:123分/レイティング:R15+

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST