藤原竜也主演『探検隊の栄光』の聖なる戦い

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

藤原竜也が、“記憶がぶっ飛ぶ”程に命がけで挑んだ、新境地開拓ムービー『探検隊の栄光』が 10月16日(金)に公開を迎える。本作は、落ち目の俳優・杉崎(藤原竜也)とテレビ番組のクルーが「杉崎探検隊」として、秘境の地を舞台に伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」探しの“撮影”に臨む姿をユーモラスに描く作品。藤原竜也率いる個性豊かな探検隊メンバーには、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、田中要次、川村陽介、佐野ひなこ、岡安章介(ななめ 45°)ら、豪華キャストが集結している。

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

“未確認生物”をいい大人が追うなんて、ちょっとバカバカしいけど心をくすぐってくれる本作のメガホンをとったのは、『グッモーエビアン!』(12)で知られる山本透監督。山崎貴監督をはじめ数多くの監督に師事し、『さくらん』(07)、『BALLAD 名もなき恋のうた』(09 年)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10)など数多くの助監督を務めてきた。監督作品として、『キズモモ。』(08)、『YOSHIICINEMAS』(13)、待機作に『猫なんかよんでもこない。』(16年1月)がある。また演劇集団「UNCHANGED」旗揚げ公演で、原作・脚本を執筆するなど、ジャンルにとらわれず、マルチな活躍を見せる気鋭の監督だ。

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

役者生命をかけて挑む俳優・杉崎の戸惑いは無視して、「面白ければ何でもあり!」なプロデューサーとディレクターの指示の元、「探検サバイバル」の撮影は続いていく。現地人と噛み合っていないが勢いで乗り切るシーンや作り物と一目で分かるワニとの激闘、崖から隊員滑落! と思いきやそこは地上だったりと、今の時代では非常に難しい“演出”が飛び出す。しかし、そこには、一昔前に感じられた、TVが放つエネルギーのようなものが感じられる。

「やっぱりみんながそういう風に感じるのは、今が窮屈なのかもしれませんね。色んな制限がある中、新しい事や自由な事をなかなかやりにくい環境にあるのかもしれない。最初にプロットを書いている時は、“今よりも”夢“がもうちょっと身近にあった時代”という設定にしていたんです。今の時代よりも、昔はもっと作る側と見る側との信頼関係があって、お互いの距離が近かったし、娯楽に対しても皆 おおらかだったんじゃないかと。でも、書いていくうちに、「昔は良かった」なんて“思い出に浸る大人の映画”にはしたくなくて今の形に修正していきました」(監督談)

©2015「探検隊の栄光」製作委員会

山本透監督 ©2015「探検隊の栄光」製作委員会

主人公である杉崎隊長や新人の女性AD・赤田も冒頭部分は、制作陣に対してどこか冷やか。しかし、探検が進むにつれ、面白いことを必死でつくる大切さ、熱くなることへの羞恥心などはかき消されていく。「みんなで 1つの事に向かっていく美しさというのは必ずある。社会、仕事、家族という場で生きていく中で、一つの目標を持つのはやっぱり美しいと思うんですよね。作ってる側は、“とにかく伝えたい、お客さんに届いてほしい”、と考えながら、全員でひとつのゴールに向かっているじゃないですか。届くか分からないけど、やれるだけのことを信じて願ってやるっていうのが美しい。それがバカバカしいことでもなんかカッコいい。可愛らしいし、愛しくてグッと来る。それが“聖なる戦い”だと」(監督談)

インターネットでひとつ情報が発せられると、拡散・炎上へと繋がっていく。そんな時代の中で、「モノを作る」というのは、大変な行為なのかもしれない。もし、現代に本作『探検隊の栄光』、そのオマージュともなった1970年代後半に人気を呼んだ「川口浩探検隊」が復活したらどうなるのだろう?

「またちょっと巡ってきていますよね。なんだかんだ言ってもみんな好きなんですよね。未確認生物とか本当にいるんじゃないかって思っている自分も含めてそう思います。 酒のつまみじゃないけど、バカじゃないってツッコミ入れたり、絶対いるよ!て言ってみたり(笑)。いるかいないかだけじゃない、話の広がりがありますよね。そこが面白いんですよね。僕はもちろん、(未確認生物は)いたらいいなって思っていますよ(笑)」(監督談)

監督の言葉から、笑いや衝撃だけのコメディ作品じゃない、作り手のかっこよさ・娯楽の尊さが浮かび上がった。スクリーンや TV の前にいる私たちを笑わせるため、思いを届けるために、映画や TV は存在していたのかと考えさせられるテーマがこの作品にはある。


映画『探検隊の栄光』

10月16日(金)全国ロードショー!

出演:藤原竜也、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、田中要次、川村陽介、佐野ひなこ、岡安章介(ななめ 45°)

主題歌:ウルフルズ「ボンツビワイワイ」(ワーナーミュージック・ジャパン)

原作:荒木源「探検隊の栄光」(小学館刊)

監督:山本透

脚本:徳尾浩司、金沢達也、山本透

製作:「探検隊の栄光」製作委員会

制作プロダクション:ダブ

配給:東宝映像事業部

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤原竜也

生年月日1982年5月15日(36歳)
星座おうし座
出生地埼玉県

藤原竜也の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST