『レインツリーの国』全国上映劇場に玉森裕太・西内まりやの直筆サイン&メッセージ入りスタンディが登場!

 ©2015「レインツリーの国」製作委員会

©2015「レインツリーの国」製作委員会

「図書館戦争」シリーズ、「阪急電車」など映像化が相次ぐ大人気作家・有川浩の累計88万部を超えるロングセラー恋愛小説『レインツリーの国』の同名映画化作品が、11月21日(土)より全国ロードショーを迎える。本作は「図書館戦争」シリーズ第二弾(「図書館内乱」(角川文庫刊))の中に登場する、架空の小説を実際に著者が作品化したもの。

いつも自分の気持ちをまっすぐに言葉で伝える、大阪出身の社会人、主人公・伸(しん)こと向坂さきさかを演じるのは、今最も活躍が目覚しいグループKis-My-Ft2の演技派、玉森裕太。「ATARU」「信長のシェフ」などのドラマや映画で着実にキャリアを重ね、満を持して映画初主演に挑む。

感音性難聴になってから、長い髪で補聴器を隠し、自分の殻に閉じこもって生きて来たヒロイン“ひとみ”こと人見利香には、モデル・歌手・そして女優として幅広く活躍し、実写映画は初出演となる西内まりやが扮する。本作のために長かった髪をばっさりとカットし、身も心もひとみになりきり、その複雑な感情を見事に体現。女優としての新境地を切り開いた。

さらに、片岡愛之助、森カンナ、矢島健一、麻生祐未、大杉漣、高畑淳子ら実力派俳優がそれぞれのキャラクターを好演。演出力の評価が高い『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)や『銭の戦争』(15)で知られる三宅喜重がメガホンをとり、Kis-My-Ft2が歌う主題歌、つんく♂氏が書き下ろした珠玉のバラード「最後もやっぱり君」が感動の物語を彩る。

今回、10月10日(土)より順次、全国の上映劇場を中心に、映画『レインツリーの国』スペシャル大型スタンディ(サイズ:縦2m×横2m10cm)が登場することが決定された(以降、劇場以外にも全国の大型書店などでの展開を予定)。この劇場用大型スタンディには、なんと主演の玉森裕太とヒロインの西内まりやが、200枚に一枚一枚心を込めて直筆でサイン。さらに、直筆メッセージも書き込まれ、まさに【「オリジナル」で「スペシャル」なスタンディ】となっている。書き入れられたメッセージの内容は様々で、セリフ、方言、イラスト、ご当地の「名物」などなど...2人の想いが全国に届けられる。(注:劇場によっては、設置できない劇場、設置開始日が異なる場合、があります)

【STORY】

きっかけは伸が高校時代に好きだった「忘れられない本」。そこから「レインツリーの国」というブログの管理人ひとみとメールで繋がり、会ったこともない彼女に惹かれていくー。「直接会いたい」という伸。「会えない」というひとみ。頑なに会うことを拒む彼女には、言い出せない「秘密」があった...。「秘密=感音性難聴」を抱え、自分の殻に閉じこもっていたひとみ。パソコンの中に作ったブログ「レインツリーの国」は、唯一「秘密」を気にせず、活き活きと「言葉」を綴れる場所。そこに伸が現われ、ひとみに変化がおとずれる。想い合うあまり、恋に傷つき迷う2人。伸とひとみの奇跡の出会いが、本当の〝障 がい′′を乗り越えたとき、現実の世界に「レインツリーの国=ときめきの国」を見つけることができるのかー。


映画『レインツリーの国』

11月21日(土) 全国ロードショー

出演:玉森裕太(Kis-My-Ft2) 西内まりや森 カンナ 阿部丈二 山崎樹範 片岡愛之助(特別出演) 矢島健一 麻生祐未 大杉 漣 高畑淳子

原作:有川 浩『レインツリーの国』

監督:三宅喜重

脚本:渡辺千穂

音楽:菅野祐悟

主題歌:「最後もやっぱり君」Kis-My-Ft2(avex trax)

製作:「レインツリーの国」製作委員会

制作プロダクション:コクーン 配給:ショウゲート

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

玉森裕太

生年月日1990年3月17日(28歳)
星座うお座
出生地東京都

玉森裕太の関連作品一覧

西内まりや

生年月日1993年12月24日(24歳)
星座やぎ座
出生地福岡県

西内まりやの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST