篠原涼子主演『アンフェア』最新作が興収20億円突破!

(C)2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

(C)2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートし、日本のドラマでは異例とも言える徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と、主人公・雪平夏見を演じる篠原涼子を始めとする魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な支持を受けた「アンフェア」。

2007年3月公開の劇場版『アンフェア the movie』、2011年9月公開の『アンフェアthe answer』と立て続けに大ヒットを記録した本シリーズが、連続ドラマスタートから10年目の2015年、熱狂的なファンからの続編・完結編を望む声に応え、満を持して送る『アンフェア the end』は、そのタイトル通り、長年に渡る謎を全て解き明かし、過去最大の衝撃と共にシリーズを締めくくる。

9月5日(土)に公開した本作は、観客動員数150万人を突破。連続ドラマからのファンはもちろん、過去作品に触れた事のない観客からも支持を得たようだ。映画公開日から週末のゴールデンタイムで過去作を毎週放送し、更にはスピンオフドラマも放送、9月はまさに全国を『アンフェア』一色に染める戦略もヒットを生む大きな要因となり、公開から一か月以上たった今もまだなお数字を伸ばし続けている。

今回、本作の大ヒットを受けて、雪平夏見を演じた篠原涼子から喜びのコメントが届いた。

【篠原涼子コメント】

150万人突破と多くの方々にアンフェアの最後を見届けて頂き、本当に感謝しております。劇場ならではの迫力でアンフェアを観られるのもあと少しとなります。本当に素敵な作品になっておりますので、是非スクリーンで臨場感を味わいながらご覧頂けると幸いです。

観客からは、【誰が悪い人なのか全然予想が違って、人間不信になりそうでした。(10代女性)】【力が入りっぱなしで観終わった後ですごく脱力しました。(20代女性) 】など、10年に渡る壮大なストーリー展開の結末への感想も多く寄せられている。【雪平はすごくかっこよくて、憧れの女性だなと思います。(10代女性)】【泣きたい人も愛を感じたい人も絶対観るべき映画です。(40代女性)】と篠原演じる“雪平夏見”の人気が伺える感想や本作の裏テーマでもある「愛の物語」に感動する観客も多いようだ。前作『アンフェア the answer』の興収23.4億円超えも目前に迫り、今週末の3連休でどれだけ動員が伸ばせるかにきた期待がかかる。


映画『アンフェア the end』

観客動員150万人・興行収入20億円突破!

原作 『推理小説』秦建日子(河出文庫)

監督・脚本 佐藤嗣麻子

キャスト 篠原涼子 佐藤浩市 永山絢斗 阿部サダヲ 加藤雅也 吉田鋼太郎 寺島進 AKIRA 向井地美音

主題歌 三代目 J Soul Brothers 「Unfair World」

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

篠原涼子

生年月日1973年8月13日(45歳)
星座しし座
出生地群馬県

篠原涼子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST