映画『ヴィジット』史上初!? 3B(=飛び出すばあさん)ドッキリ試写会開催!

(C) Universal Pictures.

(C) Universal Pictures.

10月23日(金)より公開の、M・ナイト・シャマラン監督・脚本最新作にしてシャマラン史上最高のスリラームービー『ヴィジット』。

本作では、『シックス・センス』の衝撃のどんでん返しによって、世界を恐怖と感動の渦に巻き込み、その後、『アンブレイカブル』『サイン』『ヴィレッジ』で、「予測不能なストーリー」と「驚愕のクライマックス」を描き続けた天才ストーリーテラーのシャマランが、『ハプニング』以来7年ぶりに自身のルーツであるスリラー映画へと原点回帰し、『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』など大ヒットホラーシリーズをプロデュースしたジェイソン・ブラムと初タッグを組み、今まで以上に不気味な雰囲気に包まれた世界観を表現。

9月11日(金)に全米公開されるやいなや週末3日間で2542万7,560ドル(約30億円、1ドル=120円計算)を達成し、製作費500万ドルを初日1日で回収するという、シャマラン映画史上初の大ヒットを記録している。

「あのばあさんマジやばい」?

本作の鑑賞者から多数寄せられているのが、本作で謎の行動を連発する祖母に対する「あのばあさんマジやばい」という感想。そのおばあちゃんヤバイ感を臨場感たっぷりに味わってもらうべく、この度、夜9時半、おばあちゃんがスクリーンを飛び出し、観客の皆様を恐怖のどん底に陥れる3B(=飛び出すばあさん)ドッキリ試写会が実施された。

いち早く『ヴィジット』を観たい!という約100名の観客が集結し開催された本試写会。ほぼ満席の会場では、上映中、あまりの怖さに体を震わせたり、顔を覆う女性の姿が多く見られ、衝撃の結末に驚きを隠せない様子で顔を見合わせるカップルの様子なども見受けられた。

 

(C) Universal Pictures.

上映を終え、会場に明かりが灯ると先程まで映画を観ていたスクリーンには夜9時半を指し示す時計盤の文字が。本作では「楽しい時間を過ごすこと」「好きなものは遠慮なく食べること」「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という3つの約束を破ってしまった姉弟の恐怖体験が描かれている事から、一体何が起こるのかと観客が不安気な顔を覗かせる中、会場に響いたのはおばあちゃんの叫び声。そして次の瞬間、スクリーンから飛び出してきたかのようなリアルおばあちゃんが乱入!

 

(C) Universal Pictures.

突然の展開に大きな悲鳴が上がる会場を、おばあちゃんは縦横無尽に疾走。第三の約束「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」を破っている観客に対して早く部屋に戻るよう促している様子で、そんなおばあちゃんの恐ろしさに会場では「ばあさんヤバイ!」、「ガチで怖い」という声が多数挙がっていた。

約束を守らない若者への説教(?)をひとしきり終えたおばあちゃんは会場の出口で自ら観客をお見送り。第二の約束「好きなものは遠慮なく食べること」を守ってもらうべく、劇中でも振る舞っている手作り風クッキーを持参し、出てくる観客に手渡しでプレゼント。

近寄りがたいオーラを放つおばあちゃんに顔をこわばらせながらクッキーを受け取っていた来場者だったが、せっかくの機会という事でおそるおそる記念撮影。その最中にも時折大きな叫び声が挙がる中、中には「おばあちゃんとはハグしておいた方がいい」と友人に無理やりハグをさせる猛者も現れるなど、いつの間にか会場はおばあちゃんとの撮影を待つ人で溢れる結果に。

第一の約束「楽しい時間を過ごすこと」という約束を果たせている事に満足気な様子のおばあちゃんは、最後は本作のポスターの前でポーズを決め、しっかりと映画をPR。本作と自身の恐ろしさを身体を張って伝えきったおばあちゃんだった。

 

(C) Universal Pictures.


映画『ヴィジット』(原題『The Visit』)

10月23日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開


監督・脚本:M・ナイト・シャマラン

製作:M・ナイト・シャマラン、ジェイソン・ブラム、マーク・ビエンストック

出演:キャスリン・ハーン、ディアナ・デュナガン、ピーター・マクロビー、エド・オクセンボールド、オリビア・デヨング

上映時間:94分

配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST