映画『ザ・ウォーク』 なぜその一歩を踏み出すのか?特別映像解禁!

 

第53回ニューヨーク映画祭オープニング作品に続き、第28回東京国際映画祭オープニング作品として上映される『ザ・ウォーク』が、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給にて2016年1月23日(土)日本公開を迎える。ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の本作は、1974年 NYのワールド・トレード・センター間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティが、フランスからニューヨークに渡り、誰もが思いつかなかった未知の世界にチャレンジするまでを描いたヒューマン・エンタテインメント超大作。

 

9月30日(水)にIMAX3D劇場限定で全米公開を迎えた本作。先日おこなわれた第53回ニューヨーク映画祭ではオープニング作品として上映され、批評家からは「ゼメキス監督の最高傑作」、「類を見ない映像体験」、「この作品の為にIMAX3Dは開発された」といった絶賛の声が多数上がり大きな話題に。この高評価という結果とゼメキス監督の来日を間近に控え、この度、ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるフィリップ・プティが前代未聞の挑戦に至るまでの過程を描いた特別映像を解禁された。

 

今回解禁された特別映像で描かれているのは、本作の主人公プティが彼の夢であるツインタワーの空中闊歩に挑むまでの想いと、それを支えた人々の姿。「“死にたいのか”って?」「これが生きてるってことだ」と語るプティ。その強烈な個性と無謀すぎる夢に「正気じゃないわ」、「完全にイカれている」と言いながらも、恋人や仲間はまるで磁石のように彼に引き寄せられていく。前代未聞の挑戦に向け、着々と準備を進めるプティと仲間たち。その過程で、彼が傾けた情熱、挑戦への不安、アーティストとしての信念や美学といった想いを垣間見ることが出来る。そして映像は常識を超えた運命の瞬間へ――。

海外メディアの反応

超越的。「ゼロ・グラビティ」で味わえた宇宙経験の様だ。大画面でしか体験できない作品。
―John Powers / VOGUE

圧倒される覚悟を。強盗映画であり、ハイテック体験であり、詩的表現でもある。
―François Grelet / PREMIERE

素晴らしい!「ザ・ウォーク」は今年のもっともスリリングな映画。ゼメキス監督の最高傑作。圧倒され、映画という魔法を再認識させられた。ジョセフの演技も最高。どうやってこの映画を実現させたかはわからないが、出来てよかった!誰もが楽しめる純粋なるエンタテインメントだ。是非体験を。
―Pete Hammond / DEADLINE)

正に「ザ・ウォーク」の様なスペクタクルの為にIMAX3Dは開発された。美しく、魅了され、映像に圧倒されるスペクタクル。
―Sam Hallenbeck / CBS/Tampa

類を見ない映像体験。見る人は最初から最後まで息をとめているであろう。美しく、爽快。正にIMAX3Dにぴったり。
―Scott Mendelson / FORBES.COM


映画『ザ・ウォーク』

2016年1月23日(土)全国ロードショー
<IMAX3D>上映も決定!

原題:The Walk

原作:「TO REACH THE CLOUDS」 by フィリップ・プティ

監督:ロバート・ゼメキス

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ロバート・ゼメキス

生年月日1952年5月14日(66歳)
星座おうし座
出生地米・イリノイ・シカゴ

ロバート・ゼメキスの関連作品一覧

ベン・キングズレー

生年月日1943年12月31日(74歳)
星座やぎ座
出生地英・ノース・ヨークシャー・スカボロー

ベン・キングズレーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST