『ジュラシック・ワールド』興行収入90億円突破! 次回作への期待も高まる

Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

『アバター』『タイタニック』に次ぐ全世界歴代興収第3位にランクインし、世界興行収入はすでに約16億6,515万ドル(日本円にして約2,000億円)に到達している『ジュラシック・ワールド』。(Box Office Mojo 調べ)

日本では夏休み映画の注目作として8月5日(水)に公開した本作。封切後は多くの劇場で満席が続き、他作品を寄せ付けない圧倒的な強さで3週連続週末No.1を記録。すでに≪2015年公開作品 興行収入第1位≫に立っている本作だが、ついに公開70日目となる10月14日(水)現在で、累計興行収入が90億円を突破、累計観客動員数は600万人を突破したことが分かった。

過去5年間の実写ハリウッド作品で90億円を超えたのは、2011年に公開した『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』(最終興収96.7億円)以来、約4年ぶりのこと。邦画でも2010年の『借りぐらしのアリエッティ』(最終興収92.5億円)、2013年の『風立ちぬ』(最終興収120,2億円)の2本だけであり、大快挙達成となった。公開10週目に入った本作だが、未だ客足が遠のくことなくその数字を伸ばし続けており、2015年度興行収入現在1位『ベイマックス』の91億6000万円超えも間近に迫っている。

本作は公開時に最新技術の4DXでの上映形態もスタート。販売開始と同時に売り切れる劇場が多発するなど、近年の映画界では稀に見る社会現象を巻き起こし大きな話題になった。映画をただ鑑賞するだけではなく、その場にいるかのような感覚を味わえる”体感型映画”が新しいものを求める観客のニーズと合った結果となった。

本作は既に続編の製作が発表されており、その内容は世界各国のファンの間ですでに様々な憶測が飛び交っている状態。続編の期待値は高く、事前アンケートでは70%程度の観客が早くも2018年に公開される予定の続編を劇場で鑑賞する意向を示しているといってもいいだろう。


映画『ジュラシック・ワールド』
大ヒット上映中!

監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
原案:マイケル・クライトン(『ジュラシック・パーク』、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、『ジュラシック・パークIII』)
出演:クリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、ブライス・ダラス・ハワード(『ターミネーター4』、『お気に召すまま』)、タイ・シンプキンズ、ニック・ロビンソン
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・プラット

生年月日1979年6月21日(39歳)
星座ふたご座
出生地米・ミネソタ州

クリス・プラットの関連作品一覧

マイケル・クライトン

生年月日1942年10月28日(66歳)
星座てんびん座
出生地米・イリノイ・シカゴ

マイケル・クライトンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST