映画『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』監督が語る現代社会とランナー達の共通点

(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

20世紀フォックス映画配給にて10月23日(金)より公開となる『メイズ・ランナー』待望の続編、『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』。本作は9月18日より全米公開を迎え、オープニング3日間で約3030万ドル(30,316,510ドル、Box office Mojo調べ)を記録、初登場第1位の大ヒットスタートを切った。

迷路から砂漠へとステージを変えたシリーズ第2弾。迷路の中で出会った仲間たちと共に新たなサバイバルへ身を置くトーマスらランナー達は、新たな仲間との出会い、敵との対峙を経験し、それぞれの道の選択を迫られていく。彼らが築いたコミュニティが迷路から外へ向かう様を、監督のウェス・ボールは高校から大学へ進学する時の事を例に出して説明する。「グレードを出た後で今度は何をするかということだ。第1作は、人生の一時期である高校時代を描いたものだと思う。まだ親の保護下にいて、自分の世界に閉じこもっている状態。そういう制約から解放されて、勇敢な新世界に踏み出すこと。本作は、人生の次の段階に近いものだよ。大学に進み、自分一人になる段階で、自分で選択をし、どんな人間になるかを決める時期だ」

 

(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

さらに、その姿は現代の若者の姿に通ずるものがあると語るボール監督。「迷路を出たとはいえ、グループを作っているキャラクターたちはまだどうしたらいいか分からないんだ。面白いコンセプトだと思う。彼らは今、何をするべきなのか分かっていない。肝心なのは、世界を救うことではなく、彼らがこの世界を進んでいくための道を見つけ、自分たちの存在がどんな意味を持つかを知ることだ」と話す監督の言葉は、世界中の若者がなぜこの物語に共感し、熱狂するのかを物語っている。日本のファン待望の続編となる本作で、ランナーたちは一体どこへ向かうのか…。

『メイズ・ランナー』…地下から上昇してくるエレベーターで“グレード(広場)”に送り込まれる、記憶を失った若者たち。グレードの周囲にそびえ立つ壁の内部は迷路になっていた。夜ごと構造を変えるその迷路に入って、外の世界への脱出法を探れ!

迷路を攻略 その先には…

『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』…迷路の外の世界で待っていたのは――彼らをさらに過酷な運命へと導く巨大組織。そして、灼熱の太陽に焼きつくされ、すべてが崩壊した砂漠のような地球の光景。この世界の攻略方法は存在するのか?


映画『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』

10月23日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

監督:ウェス・ポール

出演:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リー他

2014年/アメリカ映画/配給:20世紀フォックス映画

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST