映画『エベレスト 3D』世界最高峰到達を手助けする最強の案内人 “シェルパ”たちの特別映像

(c) Universal Pictures

(c) Universal Pictures

東宝東和配給にて、11月6日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開となる、映画『エベレスト3D』。1953年に初登頂がなされて以来、世界中の登山家を魅了し続ける世界最高峰・エベレストは、地球上で最も生きるのが難しい場所でもある。標高8,848メートルの山頂では風速は時速320㎞を超え、気温は零下26℃まで低下、気圧は地上の1/3。酸素の供給を受けずに長時間留まれば、肉体と意識の両方の機能は停止。まさに死の領域<デス・ゾーン>。

本作は、1996年にエベレストで繰り広げられた実話を基に映画化され、登攀(とうはん)の夢を叶えるためにエベレストへやって来た世界各国の登山家たちが、自然が猛威をふるう<デス・ゾーン>で生き残りを賭けた闘いに挑む姿を、3Dならではの圧倒的な迫力で映像化した作品。その臨場感あふれる映像は、極限状況に置かれた人々の群像劇を緊張感満点に描き出し、ハリウッドの山岳映画史上、最もエキサイティングで最も壮絶なサバイバルを体感させる超大作として話題を呼んでいる。

 

(c) Universal Pictures

今回、世界最高峰エベレスト登頂を手助けする最強の案内人“シェルパ”にフォーカスをあてた特別映像が到着した。登山者の代わりに食料や荷物を運び、頂上までの案内をする、エベレスト登頂する為には欠かせないシェルパ。本作では、リアリティを増すために、本物のシェルパ11人を出演させ、今回公開された映像内では、映画に実際に出演したシェルパたちの姿が映し出されている。

「エベレスト登山の神話と歴史において、彼らほど重要な存在はいない」とシェルパたちを称えるのは、製作のティム・ビーヴァン。本作の撮影は、ネパール以外にイタリアン・アルプスやスタジオでも行われたが、今回シェルパたちに敬意を表し、ネパール以外の撮影現場にも招待したという。ビーヴァンは、「標高5,400メートルのベースキャンプから、標高8,848メートルの頂上まで登るその間、わずか10時間だ。神経をすり減らす仕事だよ。この過酷な仕事は、シェルパにしかできない」と力説する。

その昔、シェルパという言葉は山岳地帯に生まれた人々のことを意味していたが、多くの登山家がシェルパを雇って山に登ったことから、現在のシェルパという職業が生まれた。以前は、山岳地帯に生まれた人々にとって、登山中の死亡事故も多く常に死と隣り合わせであるシェルパが職業としての唯一の選択肢だったが、現在はシェルパのコミュニティが発展し、質の高い教育を受けられるようになり、学歴を手に入れてパイロットやビジネスマン、エンジニアなど違う職種に就く者たちも出て来ているとのこと。しかし、大半は好んで山の仕事に従事しているそう。その理由に、様々な国々の人々と出会うことができ、互いが良き友、善き人、良きアドバイザーとして関係を築けることを挙げる者も多くいるという。

2014年、本作の完成も間近な頃、ネパールで雪崩が発生。16人のシェルパが命を落とすという、エベレスト史上最悪の大惨事が起こった。幸運なことに、チームのメンバーでけがをした者はいなかったそうだが、先日ネパールで起こった巨大地震ではシェルパたちも含めて8500名以上が亡くなるという多大なる被害に見舞われた。それは観光業を主な収入源とする住民たちにとっては大打撃だった。本作に出演したシェルパは「この作品に参加できて幸運だったし、この映画がエベレストの本当の魅力を世界中の人々に伝えてくれたら幸いだ」とコメントを寄せている。


映画『エベレスト3D』

11月6日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

原題:Everest
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST