第28回東京国際映画祭オープニング作品 映画『ザ・ウォーク』ロバート・ゼメキス監督がレッドカーペットに登場!

(左から)ジャック・ラプキー氏、ロバート・ゼメキス監督

(左から)ジャック・ラプキー氏、ロバート・ゼメキス監督

1985年『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、1994年『フォレスト・ガンプ/一期一会』、2000年『キャスト・アウェイ』、2012年『フライト』。常に“最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきたロバート・ゼメキス監督の、“集大成”であり“最高峰”とも言える作品『ザ・ウォーク』が1月23日(土)より公開となる。

NYのワールドトレードセンター間を直径2.2cmのワイヤーロープでつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティ。彼がフランスからニューヨークに渡り、誰も思いつかなかった未知の世界へ一歩を踏み出すまでの軌跡を、最新の3D映像で魅せる『ザ・ウォーク』は、第53回ニューヨーク映画祭オープニング作品として初披露され、辛口のNY批評家たちを驚愕と興奮の渦に巻き込んだ。

第28回東京国際映画祭ではオープニング作品として上映されることが決定、ロバート・ゼメキス監督、プロデューサーのジャック・ラプキー氏が来日し、オープニングセレモニーに参加した。

今回オープニング作品に選ばれ来日を果たした事についてゼメキス監督は「自分の作品が東京国際映画祭のオープニングを飾るという事に信じられないくらい興奮しています。大変光栄です。みなさんが『ザ・ウォーク』を楽しんでくださる事を願っています」とコメント、そしてラプキー氏も「みなさんの暖かなおもてなしに感動しております。映画祭の皆様、そしてソニー・ピクチャーズの皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と感謝の意を述べた。

レッドカーペットで挨拶する二人

レッドカーペットで挨拶する二人

場所をTOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7に変えて行われたオープニングセレモニーでは、今回フィリップ・プティの物語を選んだ理由について「信じられない様な実話であり、ロマンがある題材でした。芸術と自らの夢を追うプティという男のスペクタクルを映像にしなくてはと思ったんです」と説明したゼメキス監督。さらにとてつもなくイカれた偉業を成し遂げたプティに「芸術家としての大きな情熱を感じる。ツインタワーにインスピレーションを受けて、とても強い気持ちで進んでいった男です」と賞賛の言葉を贈り、実際本人に会った際には、「自分の感じたものを観客にも体感して欲しい」というメッセージを託された事を告白。その想いを可能な限り反映したと話すゼメキス監督に、ラプキー氏も「プティは監督を信頼していた。監督のビジョンで伝えてくれれば大丈夫だと、そう言っていたんです」と振り返っていた。

最後にゼメキス監督は「フィリップがワイヤーロープを歩き始めるその瞬間と芸術をぜひ観て欲しい。上映される全ての作品を観て欲しいですが、ぜひ『ザ・ウォーク』も楽しんでいただける様、願っています」とメッセージ。いち早く映画を鑑賞する観客に何度も手を振りながら会場を後にした。


映画「ザ・ウォーク』
2016年 1月23日(土)全国ロードショー
<3D IMAX>上映も決定!

原作:「TO REACH THE CLOUDS」 by フィリップ・プティ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ロバート・ゼメキス

生年月日1952年5月14日(66歳)
星座おうし座
出生地米・イリノイ・シカゴ

ロバート・ゼメキスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST