竹内結子&橋本愛『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』第28回東京国際映画祭オープニングレッドカーペットに登場

(左から)橋本愛、竹内結子、中村義洋監督

(左から)橋本愛、竹内結子、中村義洋監督

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』「十二国記」シリーズなど)の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化する『残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―』が、2016年1月30日(土)に全国公開となる。

第28回東京国際映画祭コンペティション部門にノミネートされた本作からは、竹内結子、橋本愛、中村義洋監督が22日のオープニングレッドカーペットに登場した。第20回東京国際映画祭オープニング作品『ミッドナイト イーグル』以来8年ぶりの参加となる竹内は、エレガントなワンショルダーロングドレスに身を包み、昨年の『寄生獣』に引き続きの参加となった橋本は黒いシックなドレスを着こなし、1年でさらに大人っぽくなっていた。

2人はマスコミからの質問やお客さんからのサインリクエストに終始にこやかに応じ、中村義洋監督は黒のスーツに赤い蝶ネクタイで美女2人をエスコート。3人は談笑しながらゆっくりとレッドカーペットを歩き、熱烈な歓迎を楽しんでいるようだった。

ステージで笑顔を見せる竹内

ステージで笑顔を見せる竹内

竹内は作品について、「台本を手にした時点で怖かったです(笑)。台本を読むまでにまず時間がかかりました。試写を観て、目をそらしたシーンがいっぱいあったんですが、そこが皆さんの目にどう映るのか楽しみです。」と話した。また、橋本は「(ストーリーは)怖いのですが、ミステリー要素も強く、竹内さんといっしょに不可解な事象を紐解いていくという構成がとても面白いです。恐怖心を煽られるシーンももちろん、物語の流れも楽しんでほしいです。撮影1日ごとに、近くの住人やお坊さん役の方など、いろんな人に会いました。そういった出会いも面白かったです」と作品づくりを振り返った。


映画『「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』
2016年1月30日(土)全国ロードショー

原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

竹内結子

生年月日1980年4月1日(38歳)
星座おひつじ座
出生地埼玉県

竹内結子の関連作品一覧

橋本愛

生年月日1996年1月12日(22歳)
星座やぎ座
出生地熊本県

橋本愛の関連作品一覧

中村義洋

生年月日1970年8月25日(47歳)
星座おとめ座
出生地茨城県

中村義洋の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST