「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」スペシャル応援団の“ウンタカ! ドラドラ団”に新日本プロレスの棚橋選手、真壁選手らが参戦!

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

映画第1作目が公開された1980年から常に進化を続けている『映画ドラえもん』シリーズ。今年3月に“映画ドラえもんシリーズ”35周年記念作品として公開された『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』は観客動員数350万人、興行収入39億を記録!まさに“ファミリー映画の金字塔”として不動の地位を確立している。

そして35周年という節目を終え、36作目として新たなステージへと進む作品が『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)に決定した。1989年に公開された旧作『のび太の日本誕生』は、映画ドラえもんシリーズ歴代1位動員数420万人を誇る人気作。そんな大ヒット作品を新たに生まれ変わらせるのは、2014年に『新・のび太の大魔境』を手掛け、丁寧なキャラクター描写に定評のある八鍬新之介。2006年から始まった新シリーズ歴代最高興行収入を狙える期待作となっている。

そして今回、本作を大ヒットに導くスペシャル応援団が決定! その名も“ウンタカ! ドラドラ団”。映画に登場する原始人“クラヤミ族”をイメージしたメンバーを集結! 新日本プロレス所属、No.1イケメンレスラー棚橋弘至選手、お茶の間ではスイーツ番長としておなじみの真壁刀義選手、さらに“日本一ベビーカーの行列ができる芸人”として子供たちに大人気の小島よしお、ランドセルのCMでもおなじみ、天使のように愛らしい人気子役のエヴァちゃんも歌姫としてメンバーに参戦する。

(左から)小島よしお、棚橋弘至、真壁刀義

(左から)小島よしお、棚橋弘至、真壁刀義

異色の4人がオリジナルソングに合わせ“ウンタカダンス”を歌い踊りながら映画を盛り上げる。このダンスは、アニメ「ドラえもん」(毎週金、19時OA)のエンディングで10月30日(金)より放送予定。リハーサルを何度も重ねた4人のキレのあるダンスは必見だ。

さらにメンバーの棚橋、真壁、小島よしおは本作のゲスト声優を務めることも決定! 3人は劇中に登場する原始人の“クラヤミ族”役を担当。初声優挑戦となる棚橋は、「プロレスラーがダンスだなんて、間違いなく足を引っ張るのは自分と真壁さんだと思いましたのでプレッシャーの中、頑張りました。自分の子供たちと一緒に『ドラえもん』を見ているのですが、見るたびに人と人との繋がりや温かい人間味が心にじーんときます。そんな『ドラえもん』に出演出来るなんて、棚橋家の歴史にも残ります」とコメントし、父親としての顔ものぞかせた。

クラヤミ族/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

クラヤミ族/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

プロデューサーの滑川親吾氏は、「1989年公開の旧作『のび太の日本誕生』は藤子・F・不二雄先生 が ライフワーク として取り組んでいた『大長編ドラえもん』シリーズ の中で、記念すべき 第10作目にあたるメモリアルな作品です。その作品をリメイクするにあたって、今回は魅力的な悪役たちにも注目し、これまでとは一味違ったドラえもんの世界を楽しんでもらい、今の子供たちにも自然に劇場へ足を運んでもらえればと考えました。“ウンタカ!ドラドラ団”のダンスや歌はエヴァちゃんが楽しめる目線でつくり、ドラえもんで育った真壁さん、棚橋さん、小島さんたちにその魅力を伝えて頂き、二世代で楽しんで頂ければと考えております。」とコメントし、世代を超えて楽しめる映画に期待できる。


「映画ドラえもん 新・のび太の日本(にっぽん)誕生」
2016年3月5日(土)公開

原作:藤子・F・不二雄
脚本・監督:八鍬新之介(『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境』)
CAST:ドラえもん:水田わさび、のび太:大原めぐみ、しずか:かかずゆみ、ジャイアン:木村昴、スネ夫:関智一

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST