『図書館戦争 THE LAST MISSION』岡田准一・榮倉奈々・田中圭、感謝を届けにロケ地・仙台へ凱旋!

榮倉奈々と田中圭

榮倉奈々と田中圭

前作公開から約2年半、ファン待望の続編『図書館戦争 THE LAST MISSION』が10月10日(土)に公開を迎え、土日の『全国映画動員ランキングトップ10』(興行通信社調べ)で初登場1位を記録、2週目も勢いは止まらず、先週末の動員ランキングでV2も達成!

今回、大ヒットを記念してロケ地でもある仙台にて凱旋イベントが行われた。実際に撮影を行った宮城県図書館で行われたイベントに、主演の岡田准一・榮倉奈々・田中圭が劇中の衣裳で登場。公開前のインタビューで榮倉が記憶をなくす程ハードな撮影を行ったと語った激戦のロケ地に戻ってきた3人は、久しぶりに訪れた館内を巡回し、思い出話に花を咲かせている姿は、まさに劇中の図書隊員としての姿そのもの。

「今作のクライマックスでもある激しい戦闘シーンで、実際に図書館内部を使用しての撮影に多大なる協力をいただいた宮城県図書館に直接感謝の言葉を伝えるために、大ヒットイベントで是非仙台に戻ってきたかった」と岡田はコメント。本作の副題にもある「LAST MISSION」の通り、劇中衣裳を着て集まるのは今回のイベントが最後かもしれず、久しぶりに図書隊の制服に袖を通した岡田は「きつくなって腕が上がらない」とコメントすると、田中から「どこを目指してるの?」と突っ込まれ爆笑を誘っていた。

そんな中、榮倉演じる笠原郁の同期:手塚光を演じた福士蒼汰からの手紙のサプライズ。実は福士は初日舞台挨拶後の打ち上げで大号泣し、本作に対する熱い思いを語っており、この仙台への凱旋イベントも皆で足を踏み入れたいと強く希望していたがスケジュールの都合でかなわず、榮倉へ想いのこもった手紙をサプライズで託していたという。

福士から岡田・榮倉・田中への感謝のメッセージが込められた手紙が榮倉から読まれると、感慨深い面持ちで岡田は「ああいう打ち上げの場で作品に対して熱い思いを持っていて、泣くことができる福士くんは、本当にかわいくて、素敵な人だなと思います。同じ仕事をする仲間として本当に尊敬しています。」とコメントし図書隊愛をアピールし、さらなる続編について聞かれると、「今回の映画が前作をはるかに上回る成績を残せれば、次もついてくると思います。みなさん是非よろしくお願いいたします!」と『図書館戦争』続編への意欲も見せた。

その後、チーム『図書館戦争』の感謝の気持ちを込めた贈り物として「今回、魂を込めて撮影した自分たちの作品、『図書館戦争』を宮城県図書館で文化資料として保管し、後世に伝えてほしい」との思いから、この世に一つしか存在しない映画のフィルムを「図書館戦争」を代表して岡田から宮城県図書館へ贈呈。そのお礼として宮城県図書館にあって、本編の過酷な撮影が行われた図書館内の広場の愛称を名づける権利をもらったキャスト陣は、「ゴリラの森広場」「撮影大変だったな広場」などふざけたネーミングで盛り上がるものの、最終的には物語のカギを握る存在であることにちなみ「カミツレ広場」と名づけ、仙台に新たな観光名所が誕生した。

むすび丸も登場

むすび丸も登場

また、宮城県観光PR担当課長の肩書きを持つ“ゆるキャラ「むすび丸」”が登場し、本作の撮影が宮城県の観光振興に大きく貢献した功績をたたえて感謝状が贈られ、岡田は「普段、撮影でお世話になっているロケ地のみなさんには本当に感謝していますが、こうしてロケ地の皆様にも感謝していただけることは本当にうれしいことです。」とコメントし、キャスト陣が仙台へ感謝の想いを届け、手厚い歓迎を受ける相思相愛なイベントとなった。


映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』
大ヒット上映中

原作:有川浩「図書館戦争」シリーズ(角川文庫刊)
監督:佐藤信介
出演:岡田准一、榮倉奈々、田中 圭、福士蒼汰/西田尚美、橋本じゅん、土屋太鳳、松坂桃李/栗山千明(特別出演)/石坂浩二

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

岡田准一

生年月日1980年11月18日(37歳)
星座さそり座
出生地大阪府

岡田准一の関連作品一覧

榮倉奈々

生年月日1988年2月12日(30歳)
星座みずがめ座
出生地鹿児島県

榮倉奈々の関連作品一覧

田中圭

生年月日1984年7月10日(34歳)
星座かに座
出生地東京都中央区

田中圭の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST