『エール!』各界から号泣者が続出! 心温まる感動のコメント到着!

(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia

(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia

先日開催されたフランス映画祭2015(会期:6月26日~29日)のオープニング作品に選出され、見事観客賞を受賞した映画『エール!』。2014年12月17日にフランスで公開されるやいなや、4週連続 1位を獲得、12週連続でTOP10入りを果たし驚異的な大ヒットを記録、750万人が笑って涙した話題作が、10月31日(土)全国公開となる。

今回、一足先に本作を観た著名人から、心温まる感動コメントが続々到着した。音楽を通してメッセージを発信、日本を代表するアーティストのMay J.(歌手)は「チャンスは全ての人にあって、それを掴むことができるかどうかは自分次第。反対されながらも、自分を信じて戦い続ける姿に勇気をもらいました。」とコメント。他にも、カジヒデキ(ミュージシャン)、綾戸智恵さん(ジャズシンガー)や辛島美登里さん(シンガーソングライター)といった方々からは、「音楽の持つ力を再認識した」といった熱いコメントが届いている。

また、「俳優達のナチュラルな演技やそれを引き出した演出。どの役にも感情移入できるし愛が溢れている。笑いと涙で心が浄化された」とコメントした時任三郎(俳優)をはじめ、萬田久子(女優)、照英(俳優.タレント)、さらには、松井愛莉(女優)、勝俣州和さん(タレント)からは、「やっぱり家族っていいな」、「家族愛に溢れていて久しぶりに泣いた」「前向きになれた! 元気が出た」などベリエ家の家族愛に感動し涙した、パワーをもらったといった感想が寄せられ、幅広い世代から支持を得ているのもこの作品の大きな特徴だ。

本作の大きなテーマとなっている“旅立ち”(別れ)。誰しもが経験したことがあるからこそ、ベリエ家の人々に共感し涙する人がでるのではないだろうか。

■『エール!』著名人コメント(順不同・敬称略)

感動で涙がとまりませんでした。家族との本当の意味でのコミュニケーションってこういうこと。私も夢を叶えるまでには家族の協力と支えなしではありえませんでした。帰る場所があるという素晴らしさを教えてくれる作品です。
杉山愛(スポーツキャスター/元プロテニスプレイヤー)

チャンスは全ての人にあって、それを掴むことができるかどうかは自分次第。反対されながらも、自分を信じて戦い続ける姿に勇気をもらいました。
May J.(歌手)

主人公ポーラが「Je Vole」を歌うシーンはとても感動的だった。歌詞と気持ちが重なった時、歌により大きな力が宿ることに改めて気づかされた素晴らしい作品。
住岡梨奈(ミュージシャン)

俳優達のナチュラルな演技やそれを引き出した演出。どの役にも感情移入できるし愛が溢れている。笑いと涙で心が浄化された。
時任三郎(俳優)

切なさをユーモアに逆転することで涙の種類は変わってくる。下がりかけた口角がキュッと上がる。何なの!? この一人一人の存在感! 感情の赴くまま天真爛漫にぶつかり合う家族の不思議な絆に思わずクスッ(笑)。
萬田久子(女優)

フランス田舎町のやわらかな光に包まれて、ポーラの歌声は心に響きます。たくさんの愛に感謝したくなりました。
おおたわ史絵 内科医・作家・(ろう学校 校医)

家族が繰り返し経験する事やのに、気づくん難しいねんけど、ここから形だけやなくホンマの一つになる家族に気づくんや! 私からも頑張んなはれや!
綾戸智恵(ジャズシンガー)

思い出す度に、感動で鳥肌が立ちます!温かくて強くて可愛くて、感情表現豊かなべリエ家族から、愛情溢れるエールを沢山貰いましたし、心から彼らにエールをお返ししたい!
カジヒデキ(ミュージシャン)

泣けた。泣けた。困難、絶望、家族、友情、恋そして自立。感動した。生きているって、素晴らしいと思わせてくれる、この映画、すごい!
鎌田實(医師・作家)

助け合うだけじゃなくて応援し合える家族っていいね。久しぶりに気持ちの良い涙を流しました。『エール!』最高!『エール!』ありがとう!
勝俣州和(タレント)

あなたの一番の味方は家族です。家族には果てしない愛がある。今あなたが夢に向っているならば、この映画があなたの家族になってくれるはず!!
照英(俳優.タレント)

家族の愛や歌、みんなの頑張りにすごく引き込まれました! 終わったあと感動と共に心が温かくなって自分にもみんなにもエールを送りたくなる作品でした!
松井愛莉(女優)

ろうあ者の家族の中で唯一天の声を授かった少女。聞こえぬ歌を心で聞こうとする最後のシーンに胸が詰まりました。歌の翼って、自分も人も元気にするんですね。
辛島美登里(シンガーソングライター)


映画『エール!』
2015年10月31日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

監督:エリック・ラルティゴ『プレイヤー』
出演:ルアンヌ・エメラ(新人)、カリン・ヴィアール『しあわせの雨傘』、フランソワ・ダミアン『タンゴ・リブレ君を想う』、エリック・エルモスニーノ『ゲンズブールと女たち』ほか
原題:「La famille Bélier」/2014年/フランス映画/アメリカン・ビスタ/DCP5.1ch/105分/

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

エリック・エルモスニーノ

生年月日1964年5月2日(54歳)
星座おうし座
出生地フランス

エリック・エルモスニーノの関連作品一覧

カジヒデキ

生年月日1967年5月8日(51歳)
星座おうし座
出生地千葉県富津市

カジヒデキの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST