映画『ヴィジット』公開週末 満席続出! 日本でも大ヒットスタート!!

(C) Universal Pictures.

(C) Universal Pictures.

今年9月に全米公開され、製作費を初日1日で回収するシャマラン史上初の快挙を成し遂げた映画「ヴィジット」が、日本でも大ヒットスタートを切った。全国16館で公開された本作は、10月23日(金)~10月25日(日)の週末3日間で興行収入15,623,100円を稼ぎ出し、全国の劇場では満席が相次ぐなど、まさにシャマラン完全復活を告げるスタート。また、『ヴィジット』の公開週末のスクリーンアベレージは、725,781円となる公開作品中1位を記録。まさに本作の不気味な祖父母のごとく、予想を上回る“やばい”結果となった。

池袋の劇場では特に10~20代のカップルやグループをメインに、Twitterなどの各種SNSでの口コミによる拡がりをみせており、見たお客さんからは「恐怖と爆笑!」「怖い! 不気味!」「弟のラップが最高!」「おばあちゃんヤバすぎ!」といった感想が寄せられている。

新宿の劇場では、若年層の映画ファンが目立ち、「おかえりシャマラン!」「これぞシャマランの真骨頂!」「冴えわたる演出!」といったシャマラン復活を喜ぶ声が多くみられた。またローカルでは『シックス・センス』『アンブレイカブル』『サイン』など、初期のシャマラン作品に魅せられた年代が足を運んでいると思われ、シャマランの過去作を上げた感想も飛び交っていた。各地域、年齢層によって観客の反応が違う面白い現象が起こっている。

全米、日本の大ヒットスタートをうけ、日本のファンからシャマラン監督へ、これまで以上に熱い期待が寄せられているのは間違いなく、今後も「ヴィジット」によるシャマラン旋風が巻き起こるとが予想される。


映画『ヴィジット』(原題『The Visit』)
大ヒット上映中

監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン、ジェイソン・ブラム、マーク・ビエンストック
出演:キャスリン・ハーン、ディアナ・デュナガン、ピーター・マクロビー、エド・オクセンボールド、オリビア・デヨング
上映時間:94分
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST