映画『パディントン』声優初挑戦・松坂桃李の感想は…『わお! クマか』

パディントンの声を初披露した松坂桃李

パディントンの声を初披露した松坂桃李

世界40ヵ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」をあの『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーが実写映画化した『パディントン』が、2016年1月15日(金)に待望の日本公開! そして、世界中の人々に愛され、笑顔と幸せを届けてきた主人公パディントンの日本語吹き替えを松坂桃李が担当する。

10月26日(月)、松坂桃李による公開アフレコ会見を都内スタジオで実施、「パディントンを意識して、ネクタイの色を、彼のトレードマークでもある帽子の赤色に合わせました」と、映画史上もっとも紳士なクマのパディントンに負けないくらいの英国紳士な出で立ちで登場した松坂が、初めてパディントンの声を披露した。

声優発表の際、洋画の吹き替え初挑戦で、しかも役がクマということで困惑していたが「実際にやってみてどうだったか?」という質問には、「本当にいろんな役をこれまで経験してきましたが、『次はクマ』と聞いて『わお! クマか』って(笑)。クマといえばやっぱり有吉さんじゃないなかと思いつつ、ありがたくお話を受けました。声のキーをあげるよう意識してやっているので、声の体力的に撮影できて一日4時間くらいだったので、少しもどかしかったです。また、クマの唇の動きが人間と違って、わかりづらいところもあって、苦労しました」と、意外な苦労話を告白した。

この日、『パディントンがロンドンに来て、最初にブラウン一家に出会うシーン』『謎の美女ニコール・キッドマン演じるミリセントが、パディントンを捕獲しようとブラウン家に潜入する、ハラハラ且つコミカルなシーン』と2シーンの公開アフレコを終えた松坂。

本国では、『007』のQ役で人気のイギリス人俳優ベン・ウィショーが担当したパディントンの声を、「礼儀正しく好青年でありながら、チャーミングな印象がパディントンにぴったり!」という理由から抜擢されたことについて驚きつつ、「でもパディントンがとにかく可愛いので、ありがたくお話を受けました」とコメント。洋画吹き替え初挑戦を実際にやってみた苦労を語りつつ、「パディントンは目が可愛い!好奇心が強くて見るもの全てに驚く、動きの一つ一つが愛くるしい」とパディントンに終始メロメロな様子を見せた。

パディントンと松坂の2ショット

パディントンと松坂の2ショット

会見後にはロンドンから駆けつけたパディントンがスタジオに! 帽子を押さえて会釈をしながら登場したパディントンを、松坂も笑顔で迎え入れ、“日英のパディントン”紳士な2人による写真撮影が行われた。


映画『パディントン』
2016年1月15日(金)全国ロードショー!

出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー(声の出演)
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松坂桃李

生年月日1988年10月17日(29歳)
星座てんびん座
出生地神奈川県茅ヶ崎市

松坂桃李の関連作品一覧

ニコール・キッドマン

生年月日1968年6月20日(50歳)
星座ふたご座
出生地ハワイ

ニコール・キッドマンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST