『ボクは坊さん。』本物のお坊さんに間違えられた伊藤に原作者住職もお墨付き

(左から)真壁幸紀監督、白川密成、イッセー尾形、伊藤淳史、山本美月、吉田山田

(左から)真壁幸紀監督、白川密成、イッセー尾形、伊藤淳史、山本美月、吉田山田

映画『ボクは坊さん。』の初日舞台挨拶が10月24日(土)に開催され、主演の伊藤淳史はじめ、山本美月、イッセー尾形ら出演者と、主人公のモデルで原作者である栄福寺の白川密成住職、真壁幸紀監督、本作の主題歌を書き下ろした吉田山田らが登壇した。

『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが「ほぼ日刊イトイ新聞」で七年間にわたり連載されていた人気エッセイを映画化した本作。24歳で突然実家のお寺を継ぐことになった、白川密成さんをモデルとした白方光円演じ、初めてお坊さん役に挑戦した伊藤淳史は、撮影からちょうど一年経った今日、公開初日を迎えた気持ちを聞かれると「今日を迎える事で作品が自分のものから皆様のものになっていくんだなとあらためて感じています。お坊さんは特別な存在だと思っていたけど、お坊さんも普通の人間で、悩みや迷いを抱えていたり普通の日常生活があって、生と死に向かい合っていく素敵な職業だと思いました。皆さんにもそういった魅力を伝えられたら嬉しいです」と語った。

また今治の撮影での、光円(伊藤)、幼馴染の京子(山本)、真治(溝端淳平)のシーンについて聞かれると、「愛媛の空気は良かったんですが、3人の空気はいまいち(笑)」と冗談めかして隣の山本を笑わせ、実年齢では伊藤31歳、山本24歳で7歳差だったことに関して、山本が「初日から年齢差なんて感じる事なく和やかな雰囲気で演じる事ができた」と語ると、伊藤は「僕の中では、7歳も離れていて幼馴染という設定をどう乗り越えるかが課題だったが、まるで本当に幼馴染かのように山本さんも溝端さんも接してきてくれて。むしろ僕に対して全然気を遣う事なく接してくれました(笑)」と山本に突っ込みを入れ会場を沸かせた。

檀家の長老役を演じたイッセー尾形が「改めて映画を見て色々と学ぶことがありました。人生というのは青春時代を過ぎてからが長いので、感受性を色々遣って味わい尽くしていってから死んでいこうかな。と思った」としみじみと語ると、主題歌を書き下ろした吉田山田の吉田は「今回の曲は作品を見た後に一週間経ってから自分の心に残った言葉やシーンを歌に込めました。」と話し、山田は「歌う時も背筋がピンと伸びる想いで歌わせてもらった」と語った。

また、原作者の白川は伊藤のお坊さん役について聞かれると「(実際の栄福寺で撮影したので)お遍路さんが伊藤さんを見て合掌していたり、お葬式のシーンでは僕が死んだと思われていたくらい(笑)」と伊藤がお坊さんになりきってたと褒めると、伊藤は「お遍路さんには、ほとんどの方に自分だと気付かれず、皆さん僕に手を合わせて帰っていかれて、最初僕は“栄福寺の住職じゃないんだけどな〜”と恐縮していたけど、だんだんお坊さんのような気持ちになりました。」と語った。

また、真壁監督は「ドラマを創るのも大変だったが、ドキュメンタリーの部分もあって、実は伊藤さんが乗っているカブも白川さんが使っていたもの」と言うと伊藤さんは「あれ、なかなか馬力がかからないんですよ」と返すと、白川さんは「あのカブは高野山ナンバーなんですよ。まるで湘南ナンバーのようで思い入れがあるのでなかなか捨てられない、年期の入ったカブです」とカブに対する熱い想いを語り更に会場を沸かせた。

最後に伊藤が「この映画を見て、生きるヒントや前を向いていくヒントのようなものを感じてもらえたら。生きていく上で何が急に起こるか分からないので、生きることを大切に、大切な方を誘って見て欲しい。」と語り、高野山開創1200年を記念して製作された本作の“坊さん”ワールドのユーモアや生きるヒント、人と人の繋がりの大切さを感じられる暖かい舞台挨拶となった。


映画『ボクは坊さん。』
大ヒット上映中

出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形
監督:真壁幸紀
原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

伊藤淳史

生年月日1983年11月25日(34歳)
星座いて座
出生地千葉県

伊藤淳史の関連作品一覧

イッセー尾形

生年月日1952年2月22日(66歳)
星座うお座
出生地福岡県福岡市

イッセー尾形の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST