アンドリュー・ガーフィールド主演映画『ドリーム ホーム』日本公開&邦題決定!

 

©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで世界的スターへと飛躍を遂げた、ハリウッド映画界若手きっての演技派俳優アンドリュー・ガーフィールドがその後最初の主演作として選んだ社会派サスペンス「99Homes」(原題)が、このたび邦題『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』として2016年1月30日(土)より全国順次公開を迎える。

本作で描かれるのは、リーマン・ショック後のアメリカを舞台に、金、欲望、モラルの間で人生を狂わせていく男たちの姿。ノーベル賞を受賞したアメリカの経済学者ジョセフ・E・スティグリッツが『世界の99%を貧困にする経済』の中で唱えた「世界中の富の4分の1をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」という説をベースに、住宅ローンの返済不能により家を差し押さえられた人々の事実に基づく作品となっている。

家族を守るために道を踏み外していく男を生々しく演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで世界的スターへと飛躍を遂げ、遠藤周作の小説『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督で映画化する「Silence」(原題)で主演を務めるなど、ますます注目を集めるアンドリュー・ガーフィールドだ。そして冷酷な不動産ブローカー役には、『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』でアカデミー賞にノミネートされた他、多数の作品で個性派俳優として存在感を示すマイケル・シャノン。敵対する二人がやがて共謀関係に転じ一線を踏み越えていく危うさと緊迫感が、全く異なる個性を持つ二人の迫真の演技によってさらにスリルを増す。堕落した社会システムに飲みこまれた男たちが行き着く、衝撃の結末とはー?


映画『ドリーム ホーム』

1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:ラミン・バーラニ/脚本:ラミン・バーラニ、アミール・ナデリ『CUT』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『アメイジング・スパイダーマン』/マイケル・シャノン『マン・オブ・スティール』、ローラ・ダーン『わたしに会うまでの1600キロ』
2014年/アメリカ/英語/112分/5.1ch/シネスコ/原題:99Homes/日本語字幕:アンゼたかし
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アンドリュー・ガーフィールド

生年月日1983年8月20日(35歳)
星座しし座
出生地米・カリフォルニア・ロサンジェルス

アンドリュー・ガーフィールドの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST