豪華吹替俳優陣で贈る映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』アフレコ風景付きフィルムクリップ映像解禁!

豪華日本語吹き替え声優陣

豪華日本語吹き替え声優陣

1943年に出版されて以来1億4500万部以上を売り上げ、時を超えて世界中で愛され続けているサン=テグジュペリの「星の王子さま」。砂漠に不時着した飛行士と小さな王子との出会いと別れをつづった、“宝石のような物語”と言われる永遠の名作。その出版から72年、サン=テグジュペリ・エステートが初めて認可した「星の王子さま」のその後の物語『リトルプリンス 星の王子さまと私』のスペシャルフィルムクリップが解禁となった。

英語版やフランス語版をはじめ、世界各国でそれぞれの国を代表する超豪華俳優陣が声を演じることで話題の本作。日本語吹替版においてもそれに負けない豪華俳優陣が吹替声優を努める。

「それじゃあ、まず最初に」と、可愛らしい声で「星の王子さま」の物語について“大人な意見”を述べるのは、鈴木梨央が吹替を担当した主人公の“女の子”。“大人になりすぎた現代”を生きる、友達のいない少女です。「星の王子さま」の物語が書かれた紙飛行機を読んで、初めて飛行士の家に訪れた彼女は「小さな子供が砂漠にいたのがすごく不自然。食べ物も水もなくて生きられるわけがないし・・・」と、「王子さま」のお話に初めて触れた際に抱いた疑問をとして飛行士に話すシーンだ。その姿はまるで、小さな大人のよう。

次に登場するのは、女の子のお母さん。吹替を務めるのは瀬戸朝香。物語に唯一登場する女の子の肉親だ。映像内で彼女が女の子に説明している“人生設計”は娘の将来を思うあまりに作成したもの。「何一つ運任せにしない」とそこ書かれたスケジュールには女の子が友達をつくる時間はないのだ。

「現実の世界」の登場人物たちに続き、登場したのは飛行士が語り、女の子が想像する「星の王子さま」の物語のキャラクターたち。

星の王子さまに友情を教えるキツネはひとりぼっちの星の王子に初めて出来た友達。吹替を担当したのは伊勢谷友介。「君にとって俺は10万匹いるキツネと同じ。でもなついたら、お互いが必要になる」と、大勢の中から誰かが唯一無二のかけがえのない人となる理由を教えるシーンだ。

続けて、星の王子さまの恋人バラ。吹替には滝川クリステルがキャスティングされた。「私は太陽と同時に生まれたの」と話す美しいバラに王子は一目見て恋に落ちる。しかし、星の王子は大切に世話するも、彼女のわがままさに疲れ果て、星をめぐる旅に出る。

吹替キャスト陣たちのアフレコ中の表情からは、主人公の女の子役を担当した鈴木さんを始め、深いテーマを持ったキャラクターを、それぞれ愛情たっぷりに演じている様子がうかがえる。


映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』
11月21日(土)全国ロードショー

監督:マーク・オズボーン(『カンフー・パンダ』)
キャラクターデザイン:ピーター・デ・セブ(『ファインディング・ニモ』)
キャラクター監修:四角英孝(『塔の上のラプンツェル』)
キャスト(英語版):ジェフ・ブリッジス、マッケンジー・フォイ、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・フランコ、ベニチオ・デル・トロ、マリオン・コティヤール
日本語吹き替え版キャスト:鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

鈴木梨央

生年月日2005年2月10日(13歳)
星座みずがめ座
出生地埼玉県

鈴木梨央の関連作品一覧

瀬戸朝香

生年月日1976年12月12日(41歳)
星座いて座
出生地愛知県

瀬戸朝香の関連作品一覧

津川雅彦

生年月日1940年1月2日(78歳)
星座やぎ座
出生地京都府

津川雅彦の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST