映画『パディントン』本予告解禁&AIが歌う「ハピネス」がイメージソングに決定!

© 2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

愛すべき紳士なクマ・パディントンがロンドンの街で繰り広げる笑いあり、涙あり、ハプニングあり(?)の冒険感動ストーリー映画『パディントン』が満を持して2016年1月15日(金)全国公開を迎える。

今回、歌手AIが歌う「ハピネス」が本作のイメージソングに決定された。総ダウンロード件数300万件超の大ヒットの、聴く人全ての心をハッピーにするこの名曲が映画『パディントン』を盛り上げる。同曲は、「大切な誰かが笑顔でいてくれることが幸せ」というハッピーなメッセージが込められており、心温まる本作にぴったりなウィンターソングだ。

配給元のキノフィルムズは起用理由について、「サビ部分の歌詞『君が笑えば この世界中に もっともっと 幸せが広がる/君が笑えばすべてが良くなる この手で その手で つながる』が、まるでブラウンさん一家やこの映画を観る人々がパディントンに語りかけているように聞こえるほど、作品の世界にぴったり。本予告では、「パディントンとブラウン一家の物語」の心温まる要素を打ち出し、この楽曲を起用することでエモーショナルに訴えていけるのでは、と思いました。また、歌詞・楽曲共に『元気をくれる曲』『思わず笑顔になる曲』として日本人に広く認知されており、この曲をイメージソングに起用することで、本作が『観ると笑顔になる/幸せな気持ちになる映画』であることを観客の皆様に伝えていけたらと思います。」とコメント。なお、このイメージソングは、映画予告編やTVスポット他、プロモーションなどで使用される予定となっている。

© 2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

>『パディントン』の記事をもっと読む


映画『パディントン』

2016年1月15日(金)全国ロードショー

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス ほか
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

AI

生年月日1981年11月2日(36歳)
星座さそり座
出生地米・カリフォルニア・ロサンゼルス

AIの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST