映画『オデッセイ』×『宇宙兄弟』宇宙を超えたコラボ予告が解禁!

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

アカデミー賞(R)に輝く巨匠リドリー・スコット監督が、類まれな圧倒的演技力で世界中を魅了し続けるマット・デイモン主演で描く感動の超大作『オデッセイ』(2016年2月5日公開)。

トロント映画祭での絶賛を受けて、10月2日に全米で公開された本作のオープニング・ウィークエンドは54,308,575ドルを叩き出し、歴代の10月公開作品&秋公開作品で僅差の2位スタート(1位は『ゼロ・グラビティ』の55,785,112ドル)で、全米1位の好スタートを切った。翌週も連続1位を獲得し、3週目こそ2位となったが、4週目・5週目では首位に返り咲いた。11月8日までのトータルの全米興行成績は197,067,346ドルに達し、リドリー・スコット監督作品史上、最高の成績を記録している。

近年の全米秋興行の特徴として、“宇宙もの”の良質な作品がヒットしていることが挙げられる。13年は『ゼロ・グラビティ』、14年は『インターステラー』が公開されたが、『オデッセイ』はすでに『インターステラー』の最終成績を上回っており、2億7000万ドルの最終成績を記録した『ゼロ・グラビティ』にどこまで迫ることができるか注目が集まっている。

今回、映画『オデッセイ』と幅広い世代から絶大な人気を誇るTVアニメ『宇宙兄弟』との宇宙を超えたコラボレーションが実現した。完成したコラボ予告は、本作主人公“マーク・ワトニー”同様に、共に宇宙飛行士の兄“六太”と月で遭難事故にあった経験を持つ弟“日々人”が、たったひとり火星に取り残されてもポジティブに生き残る道を決してあきらめない“ワトニー”の姿と絶妙にマッチする内容となっており、ファンだけでなく観る者の心をがっちりと掴んで離さない。

映画では全世界70億人が“ワトニー”の帰りを待つように、今回の予告編でも“六太”“日々人”が彼にエールを送り、同じ気持ちで火星からの帰還を強く願う。果たして、わずかな食料と酸素も水も無いこの極限状態から“ワトニー”は生還することが出来るのか!? “六太”“日々人”そして全世界70億人の想いは届くのか!?


映画『オデッセイ』

2016年 2月5日(金)TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(80歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

マット・デイモン

生年月日1970年10月8日(47歳)
星座てんびん座
出生地

マット・デイモンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST