マーベル新作映画にも登場!異例のヒット作『アントマン』MovieNEX予告編解禁

© 2015 Marvel

© 2015 Marvel

『アベンジャーズ』のマーベル・スタジオ最新作で、映画史上“最小”にして“最大”のアクション・エンターテイメントとして異例のヒットを飛ばした『アントマン』の先行デジタル配信が2015年12月23日(水・祝)より開始される。続く2016年1月20日(水)には、MovieNEXの発売と、ブルーレイ・DVDのレンタルもスタートする。

アイアンマンやキャプテン・アメリカなど、数々の人気キャラクターを生み出してきたマーベル・スタジオ。今年新たに登場したのが、特殊なスーツによって身長わずか1.5cmに変身して戦う、“最小にして最強”のヒーロー「アントマン」だ。そのユニークな設定や世界観だけでなく、「仕事も家庭も失った崖っぷち男」を主人公にした、これまでのマーベル映画にないヒーロー像は話題を呼んだ。

特に「娘のために戦いにヒーローを目指す父親」としてのアントマンの姿は幅広い層の心をとらえ、劇場公開時には、普段マーベルやアクション映画を見ない女性層や家族連れでもにぎわいを見せ、人間味溢れる主人公が人生の再起を図る『アントマン』は多くの共感を呼び、ただのヒーロー映画の枠を越えて、日本でも10億円超えの大ヒットを記録した。

そんな異色のヒーロー・アントマンは、マーベル・スタジオ作品同士がクロスオーバーする前代未聞の映像プロジェクト<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>においても、欠かせない重要人物のひとり。映画『アントマン』 では、キャプテン・アメリカのパートナーにしてアベンジャーズの一員である、ファルコンと予期せぬ形で対決している。“最小にして最強”の戦闘術でファルコンを翻弄し、本編のラストでは、ファルコンがアントマンをアベンジャーズにスカウトしたがっている様子が描かれた。

さらにこれだけでは終わらず、アントマンはマーベル・スタジオの次回作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年4月公開)にも登場する。超人から神まで個性豊かすぎるアベンジャーズの面々のなかで、スーツを脱いだら普通の男・アントマンは埋もれず活躍できるのか?

今後もMCUのキーパーソンとして、さらなる活躍が見込まれるアントマン。今回、MovieNEXの発売とデジタル配信決定にあたり、ハイライトを凝縮した新たな予告編が登場した。身長1.5cmならではのスピーディーかつ遊び心に満ちた新感覚のアクションや、父と娘の心温まる絆、個性豊かな仲間たちのコミカルなやりとりなど、とにかく見どころが盛りだくさんになっている。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST