篠原信一&藤田ニコルが登場! 映画『インサイド・ヘッド』MovieNEX・デジタル配信発売記念イベント

 

©2015 Disney 

『トイ・ストーリー』から常に世界中を魅了し続けてきたディズニー/ピクサーの最新作で20周年作品の『インサイド・ヘッド』は、11才の普通の女の子、ライリーの頭の中に存在する“5つの感情たち”― ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミが繰り広げる、誰も見たことが無いユニークでカラフルな感動と冒険のファンタジーだ。

 

 

本作のMovieNEX・デジタル配信の発売を記念し、柔道家の篠原信一、モデルの藤田ニコルを迎えた『インサイド・ヘッド』特製<今年の想い出>ツリーの点灯式が開催された。思い出ボールをイメージした大きなドット柄のスーツの篠原、ヨロコビカラーの黄色のファーとワンピースにブルーのタイツの藤田の二人により、直径80㎝の特製の「巨大ヨロコビボール」が点灯台にセットされると、高さ約5メートルのツリーがカラフルに輝いた。

『インサイド・ヘッド』を観た感想について篠原は「色々な感情が存在することがわかる作品で、観ていくうちに、どんどん話に引き込まれていき、ホロリとする場面もありました。自分にも子供がいるので、子供にも色々な感情があることを意識して接しなきゃいけないと感じました」とコメント。藤田は「普段から元気なのでヨロコビに共感できた。観ていくうちにカナシミの感情についても必要と感じてバランスが大切なんだと感じました」と語った。

続いて行われたのは、ツリーの点灯式。今年大活躍した2人のために用意された特製の巨大ヨロコビボールがツリー前の点灯台にセットされると、カラフルなツリーが点灯。ツリーを観た篠原は「すごく綺麗ですね。家族で観に来られたら嬉しい」と感想を述べ、藤田は「すごくポップでカワイイ! 篠原さんと点灯出来たことが嬉しいです!」と大喜び。

その後、ツリー前のハイチェアーに着席し、今年のベスト・ヨロコビエピソード(もっとも嬉しかったこと)について質問された篠原は「家族が1人増えたことです。実は柴犬なのですが、子供より僕の言う事を聞いてくれて、とても嬉しいです」と明かし、藤田は「全部です!去年はモデルのお仕事だけでしたが活躍の場が増えて毎日楽しいです!ファン層も増えた事も嬉しいです」と振り返った。

>『インサイド・ヘッド』の記事をもっと読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

篠原信一

生年月日1973年1月23日(45歳)
星座みずがめ座
出生地青森県東津軽郡平内町

篠原信一の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST