映画『レインツリーの国』が初日舞台挨拶実施&週末観客動員ランキングで1位獲得&日本語字幕付上映が決定!

ⓒ2015「レインツリーの国」製作委員会

ⓒ2015「レインツリーの国」製作委員会

映画『レインツリーの国』(全国190館にて上映)が11月21日(土)より全国公開中だ。TOHOシネマズ六本木(533席)では、映画初主演となる玉森裕太、映画初出演の西内まりやに加え、森カンナ、大杉漣、高畑淳子と豪華なキャストが勢ぞろいの初日舞台挨拶が実施され、その模様は全国100劇場にて生中継された。舞台挨拶は、くす玉が登場して映画初日を祝ったり、主題歌を担当するKis-My-Ft2からサプライズコメントが届くなど、大いに盛り上がりを見せたとのこと。

本作は「阪急電車」などを手掛ける人気作家・有川浩による大人気シリーズ「図書館戦争」に出てくる架空の小説を、著者が実際に作品化したもの。三宅喜重監督をはじめとする『阪急電車 片道15分の奇跡』のスタッフが贈る、心ときめく純愛ラブストーリーだ。

そんな『レインツリーの国』が、週末観客動員ランキング(興行通信社調べ)にて初登場第1位を獲得した。初週の来場者は8:2で女性の割合が高く、10代~40代以上と幅広い年齢層が劇場に訪れており、友達同士だけでなく、親子や夫婦で鑑賞する姿も多く見受けられたとのこと。また本作は作品満足度が非常に高く、「ぴあ映画初日満足度調査」(11月21日ぴあ調べ)でも、92.3点という高得点を獲得している。

今回、公開3週目にあたる12月5日(土)から11日(金)まで、本作を上映する劇場では、全ての上映回が日本語字幕付で上映されることになった。この日本語字幕付上映は、聴覚障害のある観客にも映画を楽しんでもらえる機会を増やせればという思い、そして障害のない観客にも日本語字幕付上映を体験してもらうことを通じて、『レインツリーの国』の物語をより深く感じてもらいたいという制作陣の願いから実施されることになったという。


映画『レインツリーの国』

心ときめく、大ヒット上映中!!

出演:玉森裕太(Kis-My-Ft2)、西内まりや/森 カンナ、阿部丈二、山崎樹範/片岡愛之助(特別出演)、矢島健一、麻生祐未、大杉 漣、高畑淳子

原作:有川 浩『レインツリーの国』(角川文庫刊)

監督:三宅喜重 脚本:渡辺千穂 音楽:菅野祐悟

主題歌:「最後もやっぱり君」Kis-My-Ft2(avex trax)

製作:「レインツリーの国」製作委員会 制作プロダクション:コクーン 配給:ショウゲート

コピーライト:ⓒ2015「レインツリーの国」製作委員会 映画公式サイト:http://raintree-movie.jp/

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

玉森裕太

生年月日1990年3月17日(28歳)
星座うお座
出生地東京都

玉森裕太の関連作品一覧

西内まりや

生年月日1993年12月24日(24歳)
星座やぎ座
出生地福岡県

西内まりやの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST