映画『64-ロクヨン-前編/後編』の主題歌は小田和正!

 

 「64-ロクヨン-」製作委員会 ©2016

警察小説や人間ドラマの名手として、『半落ち』『クライマーズ・ハイ』など数々の傑作を生み出してきた横山秀夫による、累計発行部数110万部突破のベストセラー小説『64(ロクヨン)』。「たった1週間で終わった昭和64年」に起きた未解決の誘拐事件(通称「ロクヨン」)と、それを起点とした県警記者クラブも巻き込んだ警察内部の対立、そして14年を経て新たに起きた模倣誘拐事件を、県警の広報官を中心に描いた本作は、警察、記者によるリアルな葛藤と攻防、さらに未だかつてない驚愕のミステリーを有する作品として、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年の「このミステリーがすごい!」1位に輝くなど、瞬く間に文壇を席巻した。

この大ヒット小説が、映画『64-ロクヨン-』として、前後編の2部作で実写映画化される。主演の広報官・三上義信を務めるのは、日本映画界が誇る名優・佐藤浩市。三上の部下として奔走する広報室係長・諏訪に綾野剛。諏訪と共に、広報室の紅一点として三上を支える広報室婦警・美雲に榮倉奈々。広報室と対立する記者クラブを取りまとめる東洋新聞キャップ・秋川に瑛太。三上の刑事時代の上司で、かつてロクヨンの捜査班も務めた捜査一課長・松岡勝俊に三浦友和。さらに、「ロクヨン」事件の被害者の父「雨宮芳男」を永瀬正敏が演じるほか、吉岡秀隆、仲村トオル、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝と、この映画でなければ成しえない、過去に類を見ない日本映画界を名実共に代表する超豪華実力派俳優陣の競演が実現した。監督には『ヘヴンズ・ストーリー』で「第61回ベルリン国際映画祭」国際批評家連盟賞を受賞するなど、世界的にその実力が評価されている鬼才・瀬々敬久を迎え入れ、究極のミステリーが感動の人間ドラマとして映画化される。

 

「64-ロクヨン-」製作委員会 ©2016 

今回、本作の主題歌を小田和正が担当する事が決定した。楽曲タイトルは「風は止んだ」。この楽曲は、小田自らが原作を読んで書き下ろした最新曲で、小田が映画の主題歌を書き下ろすのは2011年7月公開の『ロック ~わんこの島~』の楽曲「hello hello」 以来、約5年ぶり。やさしいメロディーと普遍的な歌詞が物語に寄り添い、胸に染みる楽曲に仕上がっている。

また、その主題歌を使用した予告編映像も解禁された。広報官・三上は時効まであと1年と迫った「ロクヨン」事件の解決へ向け動き出すが、そこに警察VS報道という壁が立ちはだかる…。佐藤浩市をはじめとする気迫溢れる俳優陣の名演によって、鬼気迫るシーンが連続する予告編。小田和正の主題歌が流れる中「子供がいなくなる。それがどういう事なのか、刑事はそんな事もわからないのか」と涙ながらに訴える広報官・三上の姿が印象的だ。

<ストーリー>昭和64年。わずか7日間で終わった昭和最後の年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部内で「ロクヨン」と呼ばれ、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、「ロクヨン」をなぞるような新たな誘拐事件が発生。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う――


映画『64-ロクヨン-前編/後編』

2016年 前編:5月7日(土))、後編:6月1日(土)
全国東宝系にて公開!!

出演/佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、三浦友和、永瀬正敏、吉岡秀隆、仲村トオル、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝

原作/横山秀夫著『64(ロクヨン)』(文春文庫刊)

脚本/久松真一

脚本協力/井土紀州

音楽/村松崇継

監督/瀬々敬久

製作会社/コブラピクチャーズ

製作/「64-ロクヨン-」製作委員会 ©2016

スケジュール/撮影 2015年2月下旬~5月中旬 完成

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三浦友和

生年月日1952年1月28日(66歳)
星座みずがめ座
出生地山梨県塩山市

三浦友和の関連作品一覧

仲村トオル

生年月日1965年9月5日(52歳)
星座おとめ座
出生地東京都

仲村トオルの関連作品一覧

吉岡秀隆

生年月日1970年8月12日(48歳)
星座しし座
出生地埼玉県

吉岡秀隆の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST