エディ・レッドメインの姿をとらえた『ハリー・ポッター』新シリーズの場面写真解禁!

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

ハリー・ポッター新シリーズの主人公は、名門生まれのイケメン実力派!

世界で最も愛されている超人気シリーズ『ハリー・ポッター』の5年ぶりの新作となる新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の劇中シーン写真が公開され、そこには主人公ニュート・スキャマンダーを演じるエディ・レッドメインの姿が!

エディ・レッドメインはウィリアム王子と同級生で、その後ケンブリッジ大学を卒業した名門の生まれ。モデルとしても活躍するイケメン俳優は『博士と彼女のセオリー』で観る者を圧倒する演技を見せ、2015年アカデミー賞主演男優賞に輝きその実力を証明。新“ハリポタ”の主役を射止めた今最も注目を集める実力派俳優だ。

本作での役どころは、ハリー・ポッターやハーマイオニーたちがホグワーツ魔法学校の授業で使っていた教科書“幻の動物とその生息地”を編纂した、魔法動物たちを研究した人物で、世界中を旅し発見した魔法動物たちを記録したり、捕獲する、魔法界きっての“魔法動物学”魔法使いなんだとか。また、その手に持っているスーツケースは、なんと魔法のアイテム。スイッチを入れると、中身が魔法使い以外には見えなくなる仕組みになっているという。

スーツケースに入れておいた魔法動物が逃げ出したことをきっかけに米国魔法界と衝突してしまい、追われる立場になる物語で、米国魔法省壊滅を狙う謎の組織も現れ、窮地に陥るという。このアイテムが、映画の重要なキーになる可能性がある―!?

映画の物語はハリー・ポッターと同じあの魔法界。撮影はこれまでのシリーズも作られた聖地ともいえる、イギリス・ロンドンのリーブスデンスタジオを中心に行われているが、劇中の舞台はイギリス・ロンドンから、1926年のアメリカ・ニューヨークへ移り、ハーマイオニーやロンといった、主人公を支えてきた重要なキャラクターたちも登場!

新シリーズのヒロイン役を射止めたキャサリン・ウォーターストンが演じるのは、米国魔法省で働いている魔法使い“ティナ”ことポーペンチナ“ティナ”・ゴールドスタイン。さらにアリソン・スドル演じるクイーニ―・ゴールドスタインはティナの妹で、相手の心を開き思考や記憶を読み取る“開心術”魔法使い。ダン・フォグラー演じるジェイコブ・コワルスキーは、ニュートに出会い魔法界にいざなされる工場労働者で、シリーズ通して初めてとなる魔法使いではない人間の仲間となる。

ハリポタシリーズの原作者J.K.ローリングが、初めて映画のための脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイビッド・イェーツとのタッグとあって、これまでのハリポタの世界観を正当に受け継いだ新シリーズに期待したい!


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
2016年冬 全国ロードショー

監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J.K.ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジェン・マーレイ、フェイス・ウッド=ブラグローブ、コリン・ファレル
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST