映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:全米興行収入7億6100万ドルを突破し、歴代NO.1に!

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

あの『アバター』の15倍以上の速さで達成

映画を超えた史上空前のエンターテインメント『スター・ウォーズ』。その出現は世界中を熱狂の渦に巻き込み、やがて“現代の神話”となって人々を魅了し続けた。そして遂に、全世界が待ち望む新たなる3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が世界各地で公開された。その公開から3週間を待たずして、本作は全米の興行記録を塗り替えることになった。

12月18日の公開から20日目となる1月6日までの全米興行収入は、7億6100万ドル(※約913億2000万円)を突破。これは2009年に『アバター』が記録した7億6050万ドル(※約912億6000万円)を上回り、全米の興行収入歴代1位となった。

さらに、『アバター』は318日間の興行でこの記録を打ち立てたのに対し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が要したのは、わずか20日間で、15倍以上のスピードでの記録達成となった。

すでに前人未踏の領域に入った本作が、全米興行収入記録をどこまで伸ばすのか、今後も目が離せない。(※1ドル=120円換算)

日本では、初登場で週末興行収入№1を記録、3週目の土日も動員52万1980人、興行収入8億2665万5600円と、他作品を寄せ付けぬ圧倒的な成績で3週連続週末興行収入成績1位に輝いた。

日本の1月6日までの20日間の興行成績は、動員458万7708人、興行収入70億7103万2600円。これは23日間で70億円突破した『アナと雪の女王』(最終興行収入254.8億円)を3日上回るペースだ。


映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

12月18(金)より全国大ヒット公開中

監督:J.J.エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST