中島裕翔、菅田将暉が「ピンクとグレー」仕様のスペシャル紋付き袴姿で渋谷映画館に登場!

菅田将暉

菅田将暉

芸能界の嘘とリアルを現役アイドル加藤シゲアキ(NEWS)が描いた問題作を、初主演・中島裕翔を迎え、『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映画化した『ピンクとグレー』がいよいよ今週末1月9日公開となる。

公開を目前に控え、主演を務めるアイドルグループHey! Say! JUMPの中島裕翔を中心にキャスト、監督が全国12か所を回る舞台挨拶ツアーが渋谷のTOHOシネマズを皮切りに4日からスタートした。

この日、主演の中島と、中島演じる白木蓮吾の幼なじみの河田大貴を演じる菅田将暉は、年明けのイベントに相応しく、グレーの着物にピンクの紐をあしらったスペシャルな『ピンクとグレー』仕様の紋付き袴で登場。本作上映後の満席となった会場から大歓声が沸き起こり、大きな拍手で迎えられた。

「新年明けましておめでとうございます!朝早くから足を運んでいただき、ありがとうございます。年明けが『ピンクとグレー』の仕事で嬉しいですし、9日の公開に向けて本作の色が強くなっていて嬉しいです。一瞬、一瞬を噛み締めてもっと『ピンクとグレー』色に染まりたいです!」と中島がさわやかにコメント。「明けましておめでとうございます!いよいよ公開が近づいてきて、素直に嬉しいです。思い入れのある作品なので、年明けの仕事が『ピンクとグレー』で感謝しています!」と菅田がコメントした。衣装について聞かれると、二人はお互いを褒め合い息の合ったやり取りを見せた。

公開を間近に控えた気持ちを聞かれると中島は、「約1年前に撮影をしたんですが、あっという間に時間が経って、ここまで来るのは早かったです。早く多くの方に見てもらいたいですね」と語り、菅田は「(地元に帰った時)たくさんの人から『映画見に行くよ!』と言われました。今までこんな風に言われたことがなかったので、多くの人が期待してくれていると思うと、早く見てもらいたいし、(公開日が)近づいてくるのが嬉しいですね」と胸のうちを明かした。

そして年明けのイベントにちなみ、中島と菅田に書初めを披露してもらい、書道4段である行定監督にお2人の書初めを評価することに。「緊張するなー」と言いつつ自身の書初めを披露する中島と菅田。しかし行定監督から「(中島の書初めに対し)小学生が初めて書いたやつみたいだなぁ、バランスが悪いよ!(笑)20点くらいかな!」、「(菅田の書初めに対し)菅田らしい、自己顕示欲があるなぁ。(笑)名前が(読めないから)ダメ!(中島と比べて)40点くらい。(笑)」と鋭い突っ込みが入り、お客さんは大爆笑!

最後に、中島は「今日は映画を楽しんでいただけたでしょうか? 皆さんのリアクションがとても楽しみです。行定監督がいろいろな試みをした映画に参加できて嬉しいです。同世代の俳優もたくさん出ていて、刺激をもらいました。この熱を大事にしたいです! いろいろなところにご注目いただきたいですが、62分後にきっと驚かされるはずです! この衝撃を是非、周りの方に広めてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!」、菅田は「本日はご来場いただき、ありがとうございました! 是非、多くの方に本作をオススメしてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします」とメッセージ。

行定勲監督

行定勲監督

行定監督は「本日は、朝早くからありがとうございました。今日来てる方は女性がほとんどかな? 次は是非彼氏でも友達でも男性と見に来てください。男が見てもグッとくる(男の)友情物語になっていると思います。本作を見て、生き方や人生など考えるきっかけになったら嬉しいです」とコメントし、イベントは終了した。


映画『ピンクとグレー』
2016年1月9日(土)全国ロードショー

出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、宮崎美子/柳楽優弥
監督:行定勲
脚本:蓬莱竜太・行定勲
原作:加藤シゲアキ「ピンクとグレー」(角川文庫)
音楽:半野善弘
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION
製作:「ピンクとグレー」製作委員会
配給:アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

加藤シゲアキ

生年月日1987年7月11日(31歳)
出生地大阪府

加藤シゲアキの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST