週末興行収入2週連続No.1は“スター・ウォーズ”! 史上最速! 世界興収10億ドル突破

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

映画を超えた史上空前のエンターテインメント「スター・ウォーズ」。その出現は世界中を熱狂の渦に巻き込み、やがて“現代の神話”となって人々を魅了し続けた。そして遂に、全世界が待ち望む新たなる3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開。日本では、週末興行収入№1スタートを切った先週に引き続き、2週連続で週末興行収入成績1位に輝いた。

公開初週末3日間で動員104万4,330人、興行収入16億1,934万円を記録する大ヒットスタートを切り、日本国内の<STAR WARS現象>は加熱。シリーズのファンはもちろん、冬休みを迎えたファミリー層、男女中高生のグループ、多くのカップルや女性客、さらには年配層など年代性別を問わない幅広い新しいファンをも取り込み、2週目を迎えた週末成績は動員44万6,183人、興行収入7億2,601万円という成績を収めた。

さらに、映画賞レースまっただ中のアメリカでは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開前に発表されていた映画賞の「作品賞」ノミネートに本作が追加でノミネートされるという異例の事態も起こった。これは、アカデミー賞の前哨戦のひとつ[放送映画批評家協会賞]でのことで、単なる話題作として“ブーム”を起こしているだけではなく、作品としての確かな評価を得ていることを証明することとなった。

スター・ウォーズ”イヤーは2016年にも突入。『スター・ウォーズ』の快進撃には映画業界全体が大きな期待を寄せている。

>『スター・ウォーズ』の記事をもっと読む


映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
大ヒット上映中

監督:J.J.エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンbr /

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST