児童文学の不朽の名作『ルドルフとイッパイアッテナ』、ゴジラとのコラボも実現!

(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会

(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会

児童文学の不朽の名作『ルドルフとイッパイアッテナ』が超大型フル3DCGアニメーション映画となって8月に公開となる。

斉藤洋原作の本作は1987年に初刊が発行されて以来28年のロングセラーを誇る“日本一有名なノラ猫”シリーズ。一昨年10年ぶりに発売した第4巻までの累計発行部数は100万部を超え、国民的な児童文学として子供たちに長く親しまれてきました。ひょんなことから飼い主のもとを離れおもいがけず東京にやって来てしまった小さな黒猫・ルドルフが、街を牛耳るボス猫・イッパイアッテナと出会い、ノラ猫として共に生き、成長する姿を描いた友情と冒険の物語。

主人公・ルドルフの声を、井上真央。そして、巨漢のトラ猫・イッパイアッテナの声は、アフレコ初挑戦となる鈴木亮平が担当。監督を務めるのは、映画「ポケットモンスター」シリーズの監督として18年間メガホンをとり続ける湯山邦彦と、米国を始め80カ国以上でオンエアーされた3DCGアニメ「PAC-MAN and the Ghostly Adventures」をヒットさせLAに活動拠点を置く榊原幹典。脚本は「妖怪ウォッチ」などのシリーズ構成を担当する加藤陽一。そしてアニメの制作は「ポケモン」「妖怪ウォッチ」などのOLM 、OLM Digital&Sprite Animation Studiosが手掛けます。

そして今回、TOHOシネマズムービングロゴ映像にて“ルドルフとイッパイアッテナ”דゴジラ”の貴重なコラボレーションが実現。

(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会

(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会

ルドルフとイッパイアッテナがTOHOシネマズのロゴマークを不思議そうに見ていると、突如大きな足音と共に地面が激しく揺れ、2匹の体が飛び上がる。すると大きな咆哮が聞こえ、2匹が米粒に見えてしまうほど、巨大なゴジラの影が出現!あまりの大きさに驚いていると、すぐ側までゴジラが迫り、慌てて逃げる2匹がフレームアウト、最後にゴジラの尻尾が振り下ろされるという迫力満点のコラボ映像となっている。

ゴジラの体の大きさはルドルフの約400倍もあり、ゴジラの影が出現した際にその体格差は一目瞭然だ。本編では描かれていない2匹の愛らしい姿も見れる貴重な映像、またゴジラとの超貴重なコラボレーションの実現となった。


映画『ルドルフとイッパイアッテナ』
2016年8月 全国東宝系にて公開!

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

井上真央

生年月日1987年1月9日(31歳)
星座やぎ座
出生地神奈川県横浜市

井上真央の関連作品一覧

鈴木亮平

生年月日1983年3月29日(35歳)
星座おひつじ座
出生地兵庫県西宮市

鈴木亮平の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST