『オデッセイ』『レヴェナント』『JOY』―FOX作品がゴールデン・グローブ賞を席巻!

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

現地時間1月10日5:00PMより、ビバリー・ヒルトンにて行われた第73回ゴールデン・グローブ賞で、20世紀フォックス映画配給の『オデッセイ』(2月5日公開)、『レヴェナント:蘇えりし者』(4月公開)、『JOY』(2016年公開)の3作品は、ドラマ部門の作品賞&主演男優賞、ミュージカル&コメディ部門の作品賞&主演男優賞&主演女優賞、さらに監督賞の主要6部門を獲得。『レヴェナント:蘇えりし者』は3部門の最多受賞となった。

ハリウッド・リポーター誌は、公式サイトで今回の結果を、「2つのサバイバル・ストーリーがゴールデン・グローブを席巻した。『オデッセイ』と『レヴェナント:蘇えりし者』だ。『JOY』も含め、20世紀フォックス映画にとって最高の夜となった」と報じた。

ドラマ部門作品賞を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』のイニャリトゥ監督は、自身の作品として3度目のノミネートで、2度目の受賞を果たし、「本当に驚きました。本当に誇らしく思っています。こういった人たちとこの映画を作れたことを誇りに思っています」とコメントした。

また、ドラマ部門主演男優賞は『レヴェナント:蘇えりし者』で主役を演じたレオナルド・ディカプリオが受賞。主演&助演併せて11度目のノミネートで『アビエイター』(ドラマ部門)『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(ミュージカル&コメディ部門)に続き3度目の受賞だ。

ミュージカル&コメディ部門で主演男優賞を受賞した『オデッセイ』のマット・デイモンは、意外なことに俳優としては5度目のノミネートで初受賞となった。

『オデッセイ』(2月5日公開)

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

人類による有人火星探査計画が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニー(マット・デイモン)飛行士は暴風に吹っ飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に命を取り留めていた。

独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して“生き延びる”ことを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった…。


『レヴェナント:蘇えりし者』(4月公開)

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.  All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

舞台は19世紀アメリカの広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に見捨てられ置き去りにされてしまうばかりか、愛する息子を殺されてしまう…。

“生きる”という純然たる意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威なか、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの容赦ない旅を生き延びなければならない――。彼は、生き延びることが出来るのか…。


『JOY』(2016年公開)

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

(c) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

“JOY”は4世代にわたる家族の波乱に満ちたストーリー。中心となる少女ジョイ(ジェニファー・ローレンス)は、大人の女性に成長すると、自分一人で大企業を設立し、女家長となる。この感動を呼ぶヒューマン・コメディで、裏切り、不信、純真さの喪失、愛に傷ついた経験を経て、彼女 は家族を一つにまとめ、過酷な商取引の世界で大企業を取り仕切る地位につく。家族の中と外の両方で、味方が敵に、そして敵が味方 になる一方、ジョイは精神力とたくましい想像力を糧にして嵐を乗り越える。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

JOY

生年月日1985年4月15日(33歳)
星座おひつじ座
出生地群馬県高崎市

JOYの関連作品一覧

マット・デイモン

生年月日1970年10月8日(47歳)
星座てんびん座
出生地

マット・デイモンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST